Pocket

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

異国情緒があふれる長崎は、最も人気があります。

しかし、2泊も3泊も時間が採れるならいいのですが、

他の観光地との組み合わせや、出張のついでとか?

はなはだしいのは、韓国観光との組み合わせの人もおります。

“長崎観光は半日しか取れない”

という旅行者も多いのです!

そこで、ここでは、

「長崎観光・半日で周れるスポット2選」

をまとめました。


スポンサーリンク

長崎観光半日コースのおすすめは?

長崎の観光エリアは、地図上では眼鏡橋の周辺から、

大浦天主堂やグラバー園がある南山手地区に集中しています。

浦上天主堂や平和公園のエリアは、市中心部からやや離れていますが、

地図を頼りに路面電車でほとんどのスポットが回れます。

観光客に「遊さるく」はおすすめで、

約2時間で回れるモデルコースが46通り提案されています。

地図はJR長崎駅構内の長崎市総合観光案内所ほかの施設で、

無料で入手できます。人気の7コースはアプリ化され、

もよりのショップ情報などにアクセスできる趣向です。

「さるく」とは、まちをぶらぶら歩くという意味の長崎弁なのです。

まち歩き観光「長崎さるく」では、特製マップを片手に自由に歩く「遊さるく」、

長崎名物・ガイド付きまち歩きツアー「通さるく」、

専門家による講座や体験を組み合わせた「学さるく」などをご用意しています。

何より魅力なのは、路面電車はどこまで乗っても1回120円だということです。

様々な観光地に行く場合はぜひ500円の1日乗車券を購入してみてくださいね。


スポンサーリンク

長崎半日コース2選は?

長崎は、坂道で有名ですが街自体はコンパクトにできていて、電車が東西に走り、

大変便利で、半日観光でも結構楽しめます。

【推奨―1】

近いので所要時間はトータルでし増しました。

よみがえる出島 → 新地中華街(食事含む) → オランダ坂周辺 →

グラバー園通り(買い物含む) → グラバー園&大浦天主堂見学

は、約5時間ほどで周れる半日コースです。

「遊さるく」利用をお勧めします。

【推奨―2】

平和コースとして、

長崎駅→(20分)→松山長電停→徒歩(15分)→城山小(見学・30分―被爆校舎)

→徒歩(15分)→爆心地公園(見学15分)→徒歩(5分)→原爆資料館(見学50分)

→徒歩(5分)→平和公園(見学30分)→徒歩(5分)→如己堂(見学20分)

→徒歩(15分)→浦上天主堂(見学20分)→徒歩(15分)→松山長電停→(20分)

→長崎駅

(参照:http://www.nagasaki-city.ed.jp/a_syuugaku/5h-h-p1.htm)

 


次が、眼鏡橋・寺町エリアや平和公園・浦上エリアの観光を加えた

如己堂を含む永井隆記念館などです。

平和公園は、長崎駅から路面電車で15分です。

ほとんどが、この2コースで長崎観光を網羅できます。

一泊すると、長崎屋系や、夕食には中華街に出て“長崎ちゃんぽん”

を頂くことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

長崎観光の半日コースです。

◆ グラバー園中心の5時間コース

◆ 平和公園中心の5時間コース

◆ 「遊さるく」の推奨

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク