Pocket

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

天草観光は、咲津教会、大江教会、キリシタン会館、イルカウオッチング、天草四朗で有名ですが、三角西港は意外に知られておりません。

実は世界遺産に認定されている歴史的構築物で、周辺にはたくさんの観光スポットがある穴場なのです。

ここでは、三角西港周辺への“アクセスと不思議発見”に焦点を当てて迫ってみます。


スポンサーリンク

三角西港とは?

三角西港は、石積みの埠頭や水路、そして明治の面影を残す建築物で、平成27年(2015)には

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」の一つとして、世界文化遺産に登録された。

明治20年(1887)に完成したこの港は、宮城県や福井県にある港と並ぶ“明治三大築港”と呼ばれております。

756メートルにもおよぶ、石積みの埠頭と水路や、西洋建築物などは、築港後1世紀の時を経てなお、往時の面影を宿す。

当時としては、最新技術を駆使して、オランダ人水理工師・ローエンホルスト・ムルドルの設計によって施工されました。

特質すべきは、当時の最新技術を用いて近代的な港湾都市を作ったことなのです。

当時、国外貿易が可能な良港をもたなかった熊本県にとって、三角西港はの誕生は県民の悲願だったのです。

当時の建物はほとんど残っておりませんが、数多くの小説や映画、ドラマ作品の

舞台に選ばれているのです。

有名なのが、小泉八雲の小説「夏の日の夢」、最近では2009年のNHKドラマ「坂の上の雲」に三角西港が登場するのです。

明治天皇が好んだといわれる艦船・龍驤(りゅうじょう)の名を冠した龍驤舘」や、「旧三角海運倉庫」の姿も見ることが出来ます。

街区の後方の高台まで足を伸ばすと、「旧宇土郡役所」「旧簡易裁判所」「旧警察署」が軒を連ねるのです。

旧裁判所のある高台から港の方面を眺めると、明治の雰囲気を残す西洋建築物や天草一号橋、入江に浮かぶ美しい島々が一望できるのです。

小泉八雲の恋は?

小泉八雲の恋を綴った「夏の日の夢」がなんとの初々しくも美し過ぎる清純な“恋”なのです。こんなエピソードがあります。

「ギリシャ出身で、日本文化と日本人の心を全世界に紹介した文豪・小泉八雲(=ラフカディオ・ハーン)が、

三角西港を訪れたのは明治26年(1893)7月22日のこと。

熊本の五高(現在の熊本大学)に教師として赴任中、長崎旅行の帰途に立ち寄った。

八雲は、午前9時に船から港へ上がり、洋風の旅館で休息をとる。

そこで美しい女将に心を奪われてしまう。

彼の短編『夏の日の夢』には、その女将の様子が

「風鈴のような涼しい声」

「ほれぼれする愛嬌」

「国貞の描く版画の美人のような」

などと記されている。

女将の姓名は山下芳。当時の年齢は、30歳前後。

現存する晩年の写真からして、相当な美貌の持ち主だったと思われる。

その旅館の名は「浦島屋」であった。

それを知った八雲は大いに喜び、自分を浦島太郎、女将を乙姫になぞらえ、現実と夢幻が交錯する短編小説の構想を得る。

三角から馬車で2時間、熊本に帰りついたハーンは、靴も脱がず、浦島屋と女将のことを周囲の人に語り続けたとも伝えられている。」

(出典:http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000016.aspx)

[ad#co-1]

三角西港へのアクセスは?

◆ 住所:〒869-3207 熊本県宇城市三角町三角浦

◆ 車で:松橋IC~車で約50分、熊本市からは、国道266号線で西へ約60分、

◆ バスで:産交バスで「三角西港前」下車(約15分・220円)

◆ 駐車場:約30台、

◆ 地図:

[ad#co-1]

三角西港周辺の絶景ポイントは?

◆ まるでオランダのような街並みの三角西港を一望できる展望台

【住所】:熊本県宇城市三角町三角浦
【電話番号(問い合わせ)】:0964-52-2050(和蘭館)

【交通】:三角(愛称:あまくさみすみ)線JR三角駅からバス5分の三角西港前バス停で下車、徒歩20分/松橋ICから国道57号経由30キロ、50分

【駐車場】:あり

◆ 土蔵白壁群が続く松合保存地区、

【住所】:熊本県宇城市不知火町松合
【電話番号(問い合わせ)】:0964-42-3550(松合ビジターセンター)
【交通】:松橋ICから国道266号経由12キロ、20分
【駐車場】:あり

◆ 干潟特有の紋様が浮かび上がる御輿来(おこしき)海岸。

【住所】:熊本県宇土市下網田町
【電話番号(問い合わせ)】:0964-22-1111(熊本県宇土市商工観光課)
【交通】:三角線JR網田駅から徒歩約15分
【駐車場】:あり

以上のスポット3か所は見逃せません。

[ad#co-1]

まとめ

いかがでしたか?

天草観光の穴場です。時間もかかりませんので、是非、観光コースに加えてください。

◆ 天草観光の穴場、三角西港は、小泉八雲を魅せた場所です。
◆ 三角西港は、世界文化遺産に指定されております。
◆ 三角西港へのアクセスと三大スポットを紹介。

についてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク