Pocket

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

 

皆さんは、ダイエットしたがなかなか成功

しなかった経験はありませんか?

 

巷にあふれるダイエットは数知れずあり

ますが、どれもが自分に合ったものとは

限りません。

 

「〇〇ダイエット」「△△ダイエット」

との勧誘があふれており、つい“私も・・”

と飛びついては見たものの不成功に終わって

しまう方が多いのです。

 

そこには“ダイエット”は万能ではない

ということなのです。

 

肝心なことは、自分の“体質”“生活習慣”を

見極めなければならないのです。

 

ここでは、ダイエットと“体質”“生活習慣”

の関係について優しく説明します。

 

誰もが、このことを理解し“ダイエットの

成功者”になってください。

 

太りやすい人、太りにくい人の体質の差とは?

 

太る原因には、以下の5つの原因が考えられます。

◆【原因-1】

“食べ過ぎ” 摂取エネルギーが消費エネルギー

より多くなると、残った分が体脂肪になることは、

今では常識になっておりますよね!

“過食”になるのは視床下部にある満腹中枢と

空腹中枢の調節がうまく働かないためなのです。

ストレスなどが主な原因と考えられます。

◆【原因-2】

“食事の回数や時間が不規則” 食べる量より

深刻なのが食べ方にあるのです。

 

朝と昼を抜いて夜だけ食べたり、1日の食事量

の半分以上を夜に食べるなど、

食事の回数や時間が不規則になると太る

直接的要因になります。

 

特に夜に食べる人は、副交感神経が優位になり、

消化管機能が高まって食物エネルギーの 消化吸収

がよくなるので、貯蔵脂肪が増えてしまうのです。

 

◆【原因-3】

“褐色脂肪細胞が働かない” 脂肪細胞には、

単胞性脂肪細胞(白色脂肪細胞)と

多胞性脂肪細胞(褐色脂肪細胞)とに

分類されております。

 

褐色脂肪細胞は、体温調節のため、

脂肪を分解しエネルギーを消費することで、

熱を産生する機能が知られています。

 

この「褐色脂肪細胞」がうまく働かないと、

消費エネルギーが減少して貯蔵エネルギー

を増やし、肥満の原因となる。

 

白色脂肪細胞は皮下や内臓に広く分布

しますが、褐色脂肪細胞は、首や肩甲骨の

一部など、体の限られたところにしか存在

しないと言われています。

 

脂肪を燃焼する作用をもつ褐色脂肪細胞は、

肥満症などの生活習慣病の治療への応用が

期待されています。

 

◆【原因-4】

“肥満遺伝子を持っている” 肥満遺伝子とは、

遺伝子異常のために基礎代謝で使われる

エネルギー量が減少し、 体重をコントロールする

という本来の働きができなくなっている

遺伝子のことです。

 

日本人の多くは何らかの肥満遺伝子を

持っていると考えられる。

 

遺伝子検査で自分の肥満関連遺伝子を

知ることで、体質に合った食事や運動など、

効率のよいダイエット法を見つけることが

できるといわれております。

 

専門かは、遺伝的な要素に負けずに太り

にくいカラダを作ることは可能だと言います。

 

◆【原因-5】

“運動不足” 運動不足になると消費エネルギー

が低下するだけでなく、エネルギーが体内

に貯蔵されやすくなる。

 

インスリンが働かなくなって血糖を

下げる作用が低下するものの、脂肪合成作用は

弱くならないので、脂肪がどんどん貯蔵される。

 

ダイエット専門外来「渋谷DSクリニック」

院長の林博之先生によると、

「私の経験では、3割は肥満遺伝子、

残りの7割は環境や生活習慣が原因という

イメージです。

 

では“太りやすい人が、太りにくい体質

になることができるか”というと、

これは環境を 変えていくしかない。

 

自分に適合して持続できる生活習慣を

つくること、これが“痩せ体質”に

なるための要素になりますと、話すのです。

 

ダイエットの“生活習慣”が重要?

個人さはあるとしても今の生活習慣

をちょっと変えるだけで体の体調が

よくなったりメタボが改善できるんです。

特に無理することではないので楽に

痩せていきましょう。

◆【生活習慣の改善-1】:腸内環境を整えて

痩せ体質にしよう!

 

腸内環境を整えることで栄養の吸収率を

上げていき、メタボを脱出しましょう。

そのためには、“植物性乳酸菌ラブレ”

“発酵食品”などによる善玉菌の摂取です。

◆【生活習慣の改善-2】:お菓子をやめて

ドライフルーツを食べて肥満防止!

 

毎日だと飽きるので、週に3~4日は

ドライフルーツの日を作るのはどう

でしょうか。

 

食物繊維は善玉菌の餌になったり、

腸内環境を改善して便秘を解消して

くれるんです。

◆【生活習慣の改善-3】:

朝食を抜いてプチ断食しよう!

 

朝食を抜くと太るという話をよく聞き

ますが、最近の研究では実は全然正反対で

プチ断食効果があり、ダイエット効果が

あることがわかったんです。

 

夜は9時以降は食べないようにし、

朝食を抜くことで、プチ断食状態になり、

摂取カロリーの消費をし、ダイエット効果が

高まるというわけです。

◆【生活習慣の改善-4】:

毎日6~7時間の睡眠をとる!

 

睡眠をすることで腸内リズムを整え、

腸内環境を良くしてくれ、ホルモンバランス

も安定します。

やはり、腸内環境をよくすることは

ダイエットの効果に大きく左右されます

ので、睡眠はしっかりとるようにしてください。

 

◆【生活習慣の改善-5】:

食事は野菜から食べることで

ダイエット効果を高めよう!

 

食べる順番を注意することでダイエット

効果は高まります。

よく、肉や魚類を食べる前に野菜を食べ

なさいって言われるのはそのためです。

① まず野菜を食べ  

② 5分ほど時間を空ける   

③ 野菜の次に肉や魚などのタンパク質を摂取します。

④ 血糖値が上がりやすい糖質である、

米やパンは最後に取るようにします

ネットの皆さんは?

◆脂肪が燃焼しやすく リバウンドが

しづらい体質をつくるときに プラセンタは

有効だと言われており、

ダイエットにいいとされています。

◆食事を制限するというと「量を減らす」

イメージですが、そうではなく食事の

内容を 見直して栄養バランスを整えることが

重要です!!

そうすることで体の代謝を上げて

痩せ体質になっていくことができます

◆面倒さがり屋な僕でも、太りやすく

痩せにくい体質の僕でも痩せれたんです。

メニューさえしっかりしてれば安心です(^○^)

◆ダイエットを成功させるためには

「痩せ体質」を手に入れることが近道なんです。

日常のちょっとした運動から代謝アップの

痩せ体質づくり、はじめてみませんか

◆急激なダイエットはリバウンドの原因だよ!

素敵な人生を送りたいなら

「太らない生活習慣の継続」を意識した

ダイエットを心掛けてね☆

◆【もう失敗しない!生活習慣ダイエット】

#ダイエット よし!よし!よし!よし!

この方法でめっちゃ体重減ってきた!!

まとめ

いかがでしたか?

ダイエットは、悲願だと言う方も多い

ようですが“基本”を考え直すことがひつようです。

皆さんも、異常を参考にして美しい

ボディを作り上げてください。

 

関連記事は以下にもあります。

 

⇒ローヤルゼリーのおすすめ!効果・効能、失敗しない選び方とは?の記事はコチラ

⇒風邪をひかない方法が必ずある?!人の特徴、日常生活、食べ物、ひきはじめの対処方法等々!の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク