Pocket

 

 

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

 

健康効果が期待できる「機能性ヨーグルト」やサプリメント、乳酸菌入りのお菓子などが、 次々に発売されております。

乳酸菌と言ってもビフィズス菌やR-1など菌の種類が豊富で、自分に合い、必要なのはどれかが分かりずらいのです。

ここでは、最重要乳酸菌に絞って紹介します。

乳酸菌とは?

そもそも乳酸菌とは、食物などを発酵させて乳酸を作る金の総称です。

自然界に広く存在しているが、人間では町内の最も多く存在しており、皮膚にもその存在が認められているのです。

乳酸と言うと疲労物質を思い浮かべるが、腸内を弱酸性に整え、悪い菌を増殖させないと言う重要な働きがあるのです。

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類で構成されており、乳酸菌は、善玉菌に分類されており、ビフィズス菌と共に腸を整えるように働いているのです。

最近ではDNAの解析技術の進化により、新しい乳酸菌が多く発見されているのです。

また、加工技術も進歩し、サプリメントや乳酸菌入りのチョコレートなども登場しております。 その他、ぬか漬けやキムチ、発酵調味料のミソや醤油、塩麹にも乳酸菌は含まれているのです。

 

いまや、乳酸品以外からでも手軽に乳酸菌パワーを取り入れられる時代になっているのです。

 

最重要乳酸菌14種とは?

研究陣は、常に新しい菌株に発見に日夜努力しているので、今後も新しい菌が発見されるでしょうが、以下の14種について抑えておけば十分なのです。

LB81菌

便秘、肌荒れに効果があります。 ブルガリア菌2038とサーモフィラス菌1131が組み合わさった菌です。ブルガリアでは伝統的に使用されております。 働きは、悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすのです。

BB536株

便秘、免疫、花粉症に効果があります。 1969年に健康な乳児から発見された。ヒトの腸菅に生息するブフィズス菌。 世界で初めて食用に採用されてビフィズス菌です。 第腸内で炎症を起こすETBF菌の数を10分の1に減らす効果あり、潰瘍性大腸炎を予防する。 O-157やインフルエンザの感染予防、骨密度の増強にも効果ある。

LGG菌

便秘、アレルギー、花粉症、免疫、ダイエットとマルチに広く効果があります。 体表に線がある乳酸菌です。妊産婦と生まれてくる子が摂取した実験では、子のアトピー 発症率が半分に抑えられた。 今年3月には、肌の角層水分量が高まると言う発表も。

LKM512株

免疫、アレルギーに効果があり、アンチエイジング効果がある。 ビフィズス菌の中でも高い生存率を誇るのです。 大腸に到達して増殖。動脈硬化などの疾患の抑制効果が期待される善玉菌・ポリアミンを増やす。 世界で初めてのマウスの“寿命伸長効果”を証明。成人型アトピー性皮膚炎の軽減効果がある。

KW3110株

便秘、免疫、アレルギー、花粉症に効果があり、免疫のバランスを整えてくれる能力が高い。

1073R-1菌

便秘、免疫に効果があります。ブルガリア菌の一種でEPSと呼ばれます。 通称R-1乳酸菌です。ウイルスなどに感染した細胞を攻撃するNK細胞に働きかけて、 活性化する作用がある。 体の抵抗力を高め、インフルエンザの抑制や、風邪の予防効果が認められている。

シロタ株

便秘、免疫、アレルギー、花粉症に効果があります。 「ヤクルト」創始者で医学博士の代田稔さんが発見し、強化培養に成功して乳酸きんです。 免疫力の調整する作用も認められている。 町内の有用菌を増やし、有害菌を減らす効果があり、腸内フローラのバランスを整えて便秘を改善します。

L-55株

便秘、アレルギー、花粉症に効果があります。 2000年に「オハヨー乳業」が乳幼児の腸内から発見した乳酸菌です。 花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する効果が期待されております。 また、更年期の女性に不可欠なイソフラボンの吸収を高める効果もあります。

BE80株

便秘とストレスに効果があります。 胃酸に強く、生きたまま腸に届いて作用する「高生存ビフズス菌」として開発されました。 BE80は、大腸まで届くと、代謝を行い、有用物質を腸の中に維持して腸の健康状態を保ちながら、毎日のお腹の健康をサポートする。

SBT2055株

便秘、免疫、ダイエットに効果があります。 元々健全な日本人には多く住んでいる乳酸菌です。 世界で初めて、経口摂取で腸管への定着が確認された菌株です。

HN019株

便秘、免疫に効果があります。 2000種類の中から、最も高い能力を持った菌株として選び出されたエリート菌です。 腸内フローラの改善、悪玉菌の抑制、吸収機能の改善などが期待されます。

GCL1176株

便秘、免疫、アレルギー、花粉症に効果があります。 カスピ海ヨーグルトを生み出す菌です。 高い整腸作用があり、便通改善への有用性は確認済みです。

クレモリスFC株 便秘、免疫、肌荒れ、アレルギーに効果があります。

カスピ海ヨーグルトを作り出す乳酸菌で、腸内環境を整えるとともに、お肌の調子も整えるのです。

アトピー性皮膚炎の抑制効果、糖尿病への効果も期待されております。

ラブレ菌

便秘、免疫、肌荒れ、ストレスに効果があります。

植物由来の乳酸菌です。 京漬物「すぎく漬け」から発見されました。

意外にも植物由来の方が超内で生き抜く力が強く、その中でもトップクラスなのがこのラブレ菌なのです。

また、ニキビを改善し美肌に導き、冷えや肩こりなどの更年期症状の改善に効果があります。

効果を最も高めるための疑問への答えは?

【乳酸菌の整腸作用の効果は?】

一番気になるのは、“どれくらいで効果が出るか?”ということ出すが、 乳酸菌で体質改善したい場合は、症状や個人差があるのは当然ですが、

① 便秘や肌荒れ、歯周病や口臭、高血圧や高血糖、高コレステロール血症、 高尿酸血症は2週間ぐらいで効果が現れるそうです。

② 肥満やストレス、ピロリ菌は、1ヶ月と長いようです。

③ アトピーや花粉症などのアレルギー症状、インフルエンザ予防などの免疫力アップ、 潰瘍性大腸炎は、2ヶ月ほどかかりそうです。

違う種類の乳酸菌を同時摂取は?】

善玉菌同士は、腸の中でオリゴ糖や植物繊維などのエサを取り合うことはあっても、互いが戦ってパワーろ消し合うことはないそうです。

「動物性と植物性の乳酸菌を一緒に摂っても問題はない!」すなわち、薬ではなく食品なので、気に入ったものを混ぜて食べたほうが効果が出る可能性が高まるそうです。

【下痢した直後に食べてもいいの?】

下痢した後や、抗生物質を飲んだ後は、腸内細菌が一気に外に出ている状態だそうです。

「悪玉菌も善玉菌もいなくなってしまった腸内には、空き地が出来ているので、善玉菌を増やすチャンス」だそうです。

乳酸菌を積極的に補充して腸内を弱酸性西、悪玉菌の増加を防ぐのです。したがって、 ダイエット後の復食、病後の会復職にもおすすめだそうです。

食事のメニューに加えると良いそうです。

【乳酸菌と一緒に食べると効果アップする食べ物は?】

乳酸菌のエサになるものと一緒に摂るのが効果的だそうです。

ヨーグルトに蜂蜜、ヨーグルトに果物などが良いようで、足りない植物繊維とビタミンCが加わるのでお勧めだそうです。

まとめ

いかがでしたか?

乳酸菌飲料や食べ物は数が多いので、迷いがちですが、効能は吟味すると分かり易いので、 目的に応じて選ぶことが出来ます。

後は、経済性と自分に合ったものを選ぶといいですね!

 

関連記事は以下にもあります。

 

⇒風邪をひかない方法が必ずある?!人の特徴、日常生活、食べ物、ひきはじめの対処方法等々!の記事はコチラ

 

⇒グリナ(味の素)サプリメントの安眠効果と副作用は?成分と効果の調査!の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク