Pocket

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

 

健康状態の改善や、身体的なトラブルを解消する効果がある成分を摂取することを目的としてつくられた加工品が、健康食品です。

健康食品の調達手段は最寄りのドラッグストアやコンビニだけでなく、通販なども便利に使えます。

しかし健康食品には様々な成分が含まれているので、好きなだけ購入して摂取して良い訳ではないのです。

自分に合う健康食品を購入したいという時には、組み合わせに配慮をすることが大事です。

その場合は「健康食品の安全性・有効性情報」が最も参考になります。

ここでは、健康食品の選び方・組み合わせを整理しました

 

「健康食品」の安全性・有効性情報とは?

 

「健康食品」の安全性・有効性情報(通称 HFNet)データベースは、国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所が運営するウェブサイトです。

2004年に開設され、健康食品に用いられる食品や食品成分に関する安全性や有効性情報を収集し、公開しているのです。

概要を述べると、健康食品に関するさまざまな情報を扱い、

(1) 専門職(医師、薬剤師、管理栄養士、健康食品・サプリメントに関するアドバイザリースタッフ)が、消費者から相談された時に活用するための内容、

(2) 消費者自身が健康食品について調べる際に活用するための内容から構成される。

• 目的 食品の機能について信頼できる正しい情報を提供し、食品の機能の表示の信頼性が高まることによって、国民の健康づくりに役立てること。

• 所在地 東京都新宿区戸山1-23-1

 

以下のサイトを参照ください。 ⇒「健康食品」の安全性・有効性情報

 

 

健康食品の組み合わせは?

 

目的となる栄養素以外の成分が健康食品に含まれていることもあり、飲み合わせによっては予想をしていない効果が出ることがあります。

現段階で何らかの薬を飲んでいるなら、健康食品をプラスすることで良くない作用が現れないかに配慮したいものです。

健康食品を利用する時は、正しい飲み方や、飲む量を厳守しましょう。

1日のうちの飲む時間帯や、飲む量が指定されている健康食品を、一度に大量に飲みすぎると、身体に問題が起きることがあります。

健康食品は保存が効く様に添加物が含まれているものもあります。

着色料や、合成保存料は、極力入っていない健康食品にしたほうが体にはいいでしょう。

「健康食品の正しい利用方法」については厚生労働省が以下のネットにアップしております。

目次を示します。

【はじめに】: テレビ、雑誌、新聞、インターネットなどで毎日目にする健康食品。市場にはさまざまな健康 食品が流通していますが、健康食品が原因で体調を崩す事例なども出てきており、注意が必要で す。あふれる情報にふりまわされず、健康食品について正しく理解できるよう、このパンフレッ トを参考に、冷静に考えてみてください。

【選択偏】:健康食品を選ぶ前に

【使用偏】:健康食品を使う前に

【情報編】:健康食品情報の冷静な受け止め方

【おわりに】:「新成分に多くの期待が寄せられ、研究の積み重ねによって新しい知見が蓄積されていく最先端科学の様子は、誰にとっても心躍るものです。しかし、 健康の基本である「栄養・運動・休養」の3つの柱もまた、科学の賜物であ ることを忘れないでください。」と述べております。

全体的に“やっしく・丁寧”に説明されておりますので、ぜひ一読をお勧めします。

「健康食品の正しい利用方法」

 

 

健康食品の品質保持には?

品質保持のためには、一定量の保存料はやむをえない部分もふりますが、健康面を考えるなら、添加物は少ないほうがいいでしょう。

病院に行ったり、薬を飲んだりといった医療行為を受けなくてもいいくらいの健康体でいるためには、健康食品の活用が役立ちます。

 

GMPをご存じでしょうか?

GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。

原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。

医薬品では、かなり以前から製薬メーカーに義務として課せられており(通常、日本で「GMP」といえば医薬品を指しますが、化粧品や食品添加物でも業界の自主的な取り組みがすでに始まっています)、最近では中国や韓国といった近隣のアジア諸国において、サプリメントもGMPが法律で義務付けされるようになりました。

平成17年の4月に厚生労働省は「GMPマークを目印に健康食品を選びましょう」と一般市 民にGMP取得企業であるか無いかを製品の品質保証の目安として健康食品を選択するように勧めたのです。

 

ネットの皆さんは?

🔸 発酵食品+大豆タンパクの組み合わせがええねんて 亀の甲より年の功やねん なお、こういうことを言うとエピデンスがーという医師も多いけど、あんたが調べろと(以下略) 更に言うと、追跡調査で食べた回数と量を摂らないと意味がないので、健康食品で効果は期待出来ません。

🔸 母がダイエットに良いと言われてる飲み物飲んでるんだけど健康食品の暴力って感じの組み合わせだった

🔸 「ジャンクフード+健康食品」の組み合わせを「切り札型」とか言って散々disっていたくせに食生活の改善方法に「いつもの食事に健康食品をプラスしましょう」とか言ってくる家庭科のビデオ、嫌いじゃない。

🔸 虚偽? 誇大? あやしい健康食品広告にどう立ち向かうか?http://www.foocom.net/column/editor/14190/ …”景表法は幅の広い法律で、商品やサービスの品質、内容、価格等を偽って表示を行うことを厳しく規制するものです。健増法は、健康保持増進効果等についての虚偽誇大表示を禁止するものです”

🔸 謎のサプリを営業されたのですが、 食品の規格基準とか、GMP(適正製造規範)についての理解、無過ぎだろ。

🔸 日本のサプリメントは品質管理レベルを各企業に委ねている部分が多くGMP(適正製造規範)の基準が低すぎます。日本 …GMP任意。ガイドライン5ページ アメリカ…cGMP法律。ガイドライン815ページ 私はアメリカの基準よりさらに厳しい基準を自社で設けてるモノを愛用してますが 消費者の皆さんは賢くなりましょうね

まとめ

いかがでしたか?

ここに説明すると長くなりますので、ここでは“紹介”程度の収めましたが、 GMPに関しては、医薬品には定められましたが食品には定めておりませんが、優しく説明されているので是非参考にしてください。

ネットでも、今や「健康食品との」組み合わせに関しては“常識”となっております。

参考になれば幸いです。

 

関連記事は以下にもあります。

 

⇒カリウム サプリ 高血圧対策のすすめ!役割・効果・食材・サプリ紹介!の記事はコチラ

⇒グリナ(味の素)サプリメントの安眠効果と副作用は?成分と効果の調査!の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク