Pocket

 

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

 

ダイエットをしているのにウエストだけ痩せない、部分痩せは難しいと感じている女性は少なくないようです。

体重は落ちても、ウエスト痩せがうまくいかなくては、ダイエットの本来の目的が達成できないと感じる方もいます。

ここでは、 「ウエスト痩せ 1週間の即効方法が評判!女性に効果的な方法」

を紹介!します。

内臓脂肪と、皮下脂肪の違いは?

お腹が太く見える場合、内臓脂肪と、皮下脂肪がウエストについています。

腸の周囲など、臓器に張り付くようにできる脂肪が内臓脂肪と呼ばれる脂肪であり、お腹がポコンと丸く突き出します。

と皮膚の下に、指でつまめるような脂肪の層ができるなら、それは皮下脂肪であり、へそから下に肉がついて出っ張ります。

内臓脂肪は男性につきやすく、皮下脂肪は女性につきやすい傾向があります。

皮下脂肪は落としにくい脂肪なので、ウエストだけ痩せないと悩んでいる方は女性が多いようです。

皮下脂肪を効率的に燃やすにはどんな方法が有効かを検討することが、女性のウエストダイエットの鍵を握ります。

女性の皮下脂肪の落とし方は?

体脂肪の燃焼を促すには、ある程度の運動をして糖質を先に使ってしまう必要があるため、まとまった時間の運動が大事です。

ジョギングや水泳、ウォーキングなど、軽い運動を長めに行うことが、脂肪燃焼ダイエットの秘訣です。

女性にとって、ウエストのシェイプアップのためにダイエットをするなら、皮下脂肪を減らせる運動をすることが大事です。

ウエストの皮下脂肪を解消して痩せるには、長期的に継続できる有酸素運動を選択することがポイントです。

ウエスト痩せ 1週間の即効方法とは?

今回はねじり運動・ストレッチ・お腹マッサージの3つを紹介します。

「ねじり運動」で痩せる

お腹痩せのためには「ねじり」の運動をすることが大切です。

お腹の筋肉は縦の動きよりもねじりを加えた動作の方が、より多くの筋肉を使うことができます。

【行い方】

① 仰向けに寝た状態で右足の膝・股関節を90°に曲げ、左手を耳に当てます。

② そこから左肘と右膝でタッチするようにお腹を捻ります。

③ この時にしっかりと息を吐きお腹を凹ませて行っていきます。

④ 元の姿勢へと戻っていきます。

 

「ストレッチ」で体の歪みを改善

ストレッチでは体の歪みを改善できることで、姿勢が良くなるばかりか、代謝アップ効果もあるので、脂肪燃焼も期待できます。

まずは2つの姿勢改善ストレッチをお試しください。

【おすすめストレッチ】 ◯胸と背中のストレッチ

① まず横向きに寝た状態で膝・股関節を90°に曲げ、両手と肘は前に伸ばします。

その姿勢から上に置いてある腕を天井、そして身体の後ろ側へと動かしていきます。

胸周辺がストレッチしているのを感じましょう。

② 腕を元の位置に戻していき繰り返していきます。 腕を上げると同時に鼻から空気を吸い、戻すときに呼吸を吐いていきます。

左右15回3セットを目安に行ってみて下さい。

 

「お腹のマッサージ」による血流改善でお腹痩せ

 

お腹マッサージをすることで、実は硬くなってしまっているお腹周辺の筋肉をほぐす事ができます。

便秘やむくみ解消、さらには腸内の便の流れがスムーズになりポッコリしたお腹が解消されます。

【行い方】

① 肋骨から骨盤までお腹を縦横3つずつ、9箇所に分けます。

② 両手に指を添えて円を描くように優しく押していきます。

1箇所10秒程度を2周、ゆっくり呼吸をしながら行ってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

さらに時間がある人は「一カ月でできる!お腹周りが痩せる方法」もあります。

一ヶ月でお腹周りを改善するためには食事と運動の両面からアプローチをしていく事が大切です。

ダイエットは目的によって行うべき運動プログラムや食事内容が変わってきます。

ここでは省略します。

 

関連記事は以下にもあります。

 

⇒ヨーグルト ダイエット方法が女性に人気!1週間の方法・レシピ・注意点を調査! の記事はコチラ

⇒「雑穀麹の生酵素」をバイキングで坂上忍が大絶賛!?効果ある?ない?口コミを調査!(ダイエット) の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク