Pocket

 

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとうございます。

 

ポリフェノールには抗酸化作用があることで知られており、サプリメントとしても販売されています。

血液サラサラ効果や、身体の老化を防ぐ効果など、ポリフェノールの抗酸化作用は体にいい作用をもたらします。

ここでは、ポリフェノールの多く含む食品と効果・摂取量・食品・サプリの紹介します!

ポリフェノールとは?

たくさんの(ポリ)フェノールという意味で、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基(ベンゼン環、ナフタレン環などの芳香環に結合したヒドロキシ基)を持つ植物成分の総称です。

ポリフェノールは植物由来の抗酸化物質、つまり酸化に対抗する物質です。

ほとんどの植物に含有され、その数は5,000種以上に及ぶと言われています。

光合成によってできる植物の色素や苦味の成分であり、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きを持つ。

抗酸化物質にはビタミンC、ビタミンE、カロテノイド等いろいろありますが、ポリフェノールも抗酸化物質のひとつとして活性酸素と戦ってくれるのです。

ポリフェノールが含まれる食品は?

植物に広く分布し、子孫を残すための種子や、紫外線による酸化ダメージから守る必要がある葉に、特に多く含まれます。

代表的ポリフェノールは以下のようになります。

【フラボノイド】

o カテキン – ワイン、茶、リンゴ、ブルーベリーに多く含まれる。

 殺菌作用を始め、血中コレステロールを低下させたり、高血圧を予防したり

 といった効果がある。

o アントシアニン – ブドウの実皮やムラサキイモ、ブルーベリー、

 などの赤紫色をした植物体に多く含まれている色素成分。

 肝機能の向上を助け、疲れ目の解消などにも効果的といわれる。

o プロアントシアニジン-アカシア樹皮抽出物、ブドウ種子抽出物、

 松樹皮抽出物、ワイン

o タンニン – 茶、赤ワイン、柿、バナナなどに含まれる渋味成分。

 カテキン同様、殺菌効果がある。

o ルチン – ビタミンPの一種で、ソバに含まれる。

o イソフラボン – 大豆や大豆加工商品(豆腐、納豆など)、葛、葛粉などに

 含まれる。エストロゲンと同様の働きをするため、アンチエイジングなどの

 視点から着目されている。

【フェノール酸 】 クロロゲン酸 - コーヒーに多く含まれる。

 消化器、代謝性疾患を改善する作用がある。

【エラグ酸】 イチゴなどに含まれるポリフェノール。

 美白効果があり、化粧品に多用されている。

【リグナン】 ゴマに多く含まれる。セサミンもこの一種。

【クルクミン】 ウコンに多く含まれる。

【クマリン】 サクラの葉、シナモン、パセリ、モモ、柑橘類に多く含まれる。

 甘い香りのもと。軽油識別剤として、灯油およびA重油に添加される。

                       (出典:Wikipedia)

ポリフェノールの効果は?

ポリフェノールが人間の健康に及ぼす影響についての研究は、現在でも進められています。

抗酸化作用、抗アレルギー作用、殺菌作用、高血圧・動脈硬化予防、ガン予防などに効果的とされています。

動脈硬化の予防や、高血圧の対策には、血液中のコレステロール値の調整が重要になってきます。

動脈硬化や高血圧に悩む人は増えており、症状が悪くなると心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中などのリスクが高くなります。

ポリフェノールサプリメントを利用する人の中には、抗酸化効果により身体の酸化を防ぎ、動脈硬化や高血圧の予防効果を期待している人もいます。

また、抗酸化効果はアンチエイジングにも結びついていますので、美容にも関わっています。

ポリフェノールを摂取して、体の老化の原因となっている活性酸素の量を減らすことで、アンチエイジングの効果が期待できるのです。

色々な食材にポリフェノールが含まれていますが、サプリメントなら、毎日確実に補給することができるでしょう。

ポリフェノールサプリメントは?

毎日の食卓でポリフェノールを含む食材を摂取することが困難だという人は、サプリメントを使えば確実に補給することができます。

酸化した脂質で血行が悪くなれば新陳代謝が衰えて、皮下脂肪がたまりやすくなります。

健康的なダイエットをしたい場合は、ポリフェノールをサプリメントで摂取し代謝を活発にするようにしましょう。

サプリメントでポリフェノールを摂取することで、健康的な美容効果が期待できます。

ポリフェノ-ルサプリメントの売れ筋比較がありましたので、トップ5を参考までに示します。

【1位】:マキベリー サプリ アントシアニン 食物繊維 亜麻仁油 エゴマ油 サプリメント

美容と健康におすすめのスーパーフード「マキベリー」を配合したサプリメントです。

【2位】:タマチャンショップ 食物の力 いのちのワイン100,000mg

【3位】:オーガランド ブドウ種子エキス サプリ

ゴールデンベリー 太陽のぶどう 美容 プロアントシアニジン サプリメント 天気がいい日に出かける際の気になる美容トラブルにおすすめとされています。

輝きを守りたい方や、年齢と共に健康が気になりはじめた方、いつまでも元気でいたい方におすすめです。

【4位】:黒椿 サプリメント 白髪 黒ゴマ 黒ウコン 亜鉛 ポリフェノール

あなたの髪本来の、若々しくて美しい黒髪を取り戻します。

 

【5位】:興福堂koufukudou 青切り シークヮーサー GOLD ノビレチン

飲みはじめてから頭がボーッとしなくなりましたノビレチン効果でしょうか。

しばらく飲み続けたいと思います。 (出典:https://www.hikaku.com/)

ネットの皆さんは?

🔸 ポリフェノール摂取量多い人 死亡リスク低さ明確に 調査対象群ポリフェノール総摂取量の差は主に、コーヒーや緑茶等の飲物摂取量の差に由来 ポリフェノール摂取量最多群の総死亡リスクを最少群と比較したところ7%低くなり、脳卒中は31%、消化器疾患は64%低くなった。

🔸 ゴボウにはポリフェノールであるクロロゲン酸が豊富に含まれている。クロロゲン酸は、ゴボウを水にさらしたときに出てくる茶褐色の成分であり、コーヒーにも含まれ、抗酸化作用がある。ゴボウを長く水にさらすとクロロゲン酸が失われてしまいます。

🔸 お日様の光を浴びること 肩のストレッチ(壁で立ったまま腕立てとかも) 腹巻き りんごとニンジンのジュースはビタミンとポリフェノールがいいらしい 好きな音楽聴いて.笑顔で!!! 免疫力バリバリ上げて行きましょう~

🔸 そのポリフェノールを最も摂取し易いのは 赤ワイン!!! ではなく 秋の味覚、柿です。 画像は僕の店で毎年秋に提供している「柿とブルーチーズのリゾット」そして「柿フライ」です。

🔸 リンゴ リンゴに含まれるポリフェノールは、内臓脂肪を減らしてくれる効果も!皮の部分に多く含まれるためぜひ皮付きで アボカド 美肌効果などが有名ですが塩分を体外に排出する効果がある「カリウム」を多く含むアボカドは、むくみを取るのにおすすめの食べ物。

🔸 ゴボウより食物繊維が豊富 便秘予防にも ポリフェノールが多くて含まれ 美容にも老化防止も ココアポリフェノールには 感染症予防効果もある デオブロミンには脳の活性化の 働きがあるため、認知予防 集中力アップなどにも効果的。

まとめ

いかがでしたか?

日常的に、ポリフェンオールを摂取しておりますが、理解して摂取することが大切です。

この情報が、その一助になることを願っております。

ますます、健康に!美しく、長生きしましょう!

 

関連記事は以下にもあります。

⇒美肌とは?定義や肌の健康におすすめの食べ物・食事についてまとめ!の記事はコチラ

⇒中性脂肪の基準値と高い原因は?下げる方法(ポリフェノール)・食事・サプリメント紹介!の記事はコチラ

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク