Pocket

「断食ダイエット」は容易だが、

禁止事項が重要です。

その要点を解説します。

 

断食ダイエットは、やり方を間違えると

トラブルにもつながりかねないものです。

断食ダイエットをする時に、気をつけなければ

いけないようなことは一体何でしょうか。

 

 

適切な断食の手順を踏むことが大事あり、

適当な方法で断食をしないようにしてください。

 

自分なりの方法でダイエットをしてもいいような

方法もありますが、断食に限っては自分で

決めた方法で行うと健康を阻害する可能性があります

 

 

断食ダイエットの効果は?

🔸 消化器官が休まる!

断食では食事をしないため、日頃フル

稼働している消化器官を休めることができます。

 

消化に使っていたエネルギーの消費が

なくなるため、消化以外の代謝やデトックス

にエネルギーを回すことも可能になるでしょう。

 

また、消化器官を休めることで、

体の機能をリセットする効果も期待できます。

 

🔸 デトックスによる腸内環境改善や美肌効果

 

宿便を出すことで腸内環境が改善

されるため、お腹のハリやガスを

解消する効果が期待できます。

 

骨盤まわりの血流も良くなれば、

冷え性の改善にも役立つでしょう。

 

また、免疫細胞の7割は腸で作られて

いると言われていますから、

免疫力アップも期待できます。

 

さらに、デトックスが積極的に行われるため、

肌の新陳代謝が高まって肌が綺麗になったり、

むくみがとれたりといったメリットを

感じられる場合もあります。

 

断食ダイエットの方法は?

いきなり食事をやめるのではなく、

徐々に減らしていくようにしましょう。

 

断食でダイエットをしたいなら、可能であれば

医者から指導を受けたり、断食をするための

施設に行ってダイエットをすることです。

 

金銭的な余裕がなかったり、近くに断食の

指導をしてくれる人が見つからない

ということもあります。

 

断食ダイエット中の「やりすぎ」が危険?

仮に、自分だけで断食ダイエットに取り組む

ならば、断食中にしなければいけないこと、

してはいけないことをよく調べることです。

 

減量のために行うとはいっても、断食ダイエット

をする時は、やりすぎないように気をつけましょう

 

ダイエットをする時に共通のことですが、

痩せたいからといって極端なダイエットを

し続けていると、心身のバランスを崩す

おそれがあります。

 

また、以下の方々は行わないようにしてください。

・中学生以下の子ども

・生理中の女性

・妊娠中の人

・元々体重が少ない人も注意が必要です。

 脱水になりやすいだけでなく、

 栄養不足になることで、肌荒れや貧血、

 低血糖の危険性が高まるからです。

 

 ダイエットをしたいといはいえ、

 健康を損ねる ようなやり方は控える

 ようにしましょう。

断食ダイエットの期間は?

断食するには、準備期間が必要です。

短期間にいきなり体重を減らそうとするの、

ではなくて、毎月少しずつ体重を減らしていく

という感じで、ダイエットはほどほどにしましょう。

 

さまざまな断食方法がありますが、

一般的に断食前の準備期間は、1~2日設け、

ごはんや玄米と野菜中心の和食を腹七分程度食べ、

水分はしっかりととりましょう

 

断食間中は、固形物を口にしません。

期間は1日~3日程度です。

 

また、週末だけの断食、半日だけの断食でも、

同じような効果が期待できます。

 

ただ、その際、日常の食事で暴飲暴食

しないことが大切です。

 

もしも、長期間にわたる断食ダイエットを

したいなら、断食について専門知識を持っている

人の指導を仰ぎながら行うことが大事になっています。

 

専門的に断食を指導している施設などに通って、

ダイエットがうまく進んでいるかをその都度

見てもらいながら、長期間の断食ダイエットを

してください。

 

断食が終わったら?

断食が終わったら、

断食期間と同程度の回復期間を設けます。

 

断食が終わったその日から、思いっきり

食事すると内臓がびっくりしてしまいます。

お粥など、胃腸に負担をかけない食事を

心がけ、動物性食品は数日控えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

断食はあくまでも健康な方が行うもので、

何かしら疾病がある方は必ず主治医に

相談をしましょう。

 

ともかく、容易に実行できますので、

“試し、試し”を繰り返し、 体と相談しながら

実行してください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク