Pocket

ストレッチで効果的にダイエットを行うには どうしたらいいのでしょうか。

効果と効果アップの方法・タイミング について纏めました。

時間がかかるので、”習慣化”が大切です。

 

ストレッチダイエットの効果アップの方法は?

 

①  リラックスした状態で行う

ストレッチを行う際には、伸ばしたい骨格筋が リラックスしている状態で、 「どの筋肉を伸ばしているのか意識する」 のが最大のポイントです

全身運動はできませんので、体の中でこの場所 を動かしたいという場所に対して運動をする というやり方になります。

足、腕、ウエスト、お尻など、自分がダイエット したい部分に適したストレッチ方法を見つける ことも、ストレッチによるダイエットにおいては 大切です。

②  正しい姿勢で行い、

イタ気持ちいい範囲で 正しい姿勢で行わないと効果がないばかりか、 特定の部位に負担がかかって痛みや傷害の 原因にもなりかねません。

③  息を止めず、ゆっくり呼吸をしながら行う 基本的にストレッチする際には息を吐きながら、

ターゲットとする筋肉を伸ばし、その状態を 10~30秒キープします。

④  反動を使わない

反動をつけると限界以上に伸びてしまい、 筋や腱を傷めてしまうことになりかねません。

https://youtu.be/2itcilN7zRc

(出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/472455/#1)

ストレッチダイエットはいつやるの?

もしも、ダイエットを目的にストレッチをするつもりなら、ストレッチをする時間に気をつけるとダイエットにいいようです。

バスタイムの直後にストレッチをするとダイエットに有効です。

お風呂から上がった後は、体が温まっていて、筋肉のこわばりもほどけています。

そのため、ストレッチによる筋肉の伸縮運動がやりやすくなっています。

気持ちの上でものびのびとした状態であることも、ストレッチの効率が上がっている理由になります。

逆にいうと、起床直後などの体が硬くなっている場合は、効果が半減するので、ストレッチに向いていない時間帯なのです。

まだ体がしっかり目覚めていない時間帯に、体への負担をかけてしまうと、ダイエットどころかケガの原因になってしまいますので避けたほうが無難です。

何か食べてから30分は、運動は控えるようにしたほうが、体のためにはいいといいます。

食後30分は消化機能が盛んに働いていますので、その間は運動や風呂もおすすめしません。

物を食べてすぐにストレッチをすると、消化に回すべき血液が体のあちこちに散ってしまいますので、消化不良の原因になります。

ストレッチは、体の特定の筋肉を伸縮させる 運動です。

 

ストレッチダイエットの効果は?

①  可動域が広がり、脂肪の燃焼率がアップ

動作が大きくなれば基礎代謝もアップし、脂肪を燃焼しやすいボディになります。

特に女性ホルモンと深く関わりがあるとされる仙骨(骨盤内)を調整することで、いつまでも美しいボディラインをキープしやすくなります。

②  むくみや冷えが改善され、脂肪がつきにくくなる

ストレッチで血流が促されると、むくみや冷えの改善にもつながります。

むくむと冷えやすくなり、冷えていると脂肪がつきやすくなる……。  

 成長ホルモンの分泌を促し、太りにくい体に

お休み前にストレッチでコリをほぐすと副交感神経が優位になり、快眠しやすくなります。

ぐっすり眠ることで成長ホルモンの分泌が促されると、太りにくい体づくりに役立ちまます。

④ 過食を防ぐ

ストレッチで副交感神経を優位にすることで、「飲んでストレス解消! もう食べちゃう!」といった攻撃的な気持ちが落ち着いてくるはずです。

まとめ

いかがでしたか?

ストレッチダイエットには、デメリットもあるのです

「効果が出るまで時間がかかる」 ということです。

なんといっても、「効果」の方が多く、体調が よくなるので、“習慣化”することが肝要です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク