Pocket

 

関節にトラブルを感じる人のために販売されて いるのがコンドロイチン・グルコサミンが配合された サプリメントです。

ここでは、コンドロイチン、グルコサミンとは? コンドロイチン・グルコサミン配合の意義と効果・注意点のまとめました!

 

テレビや雑誌などでも紹介されていることもあり、 コンドロイチンのサプリメントはとても人気があります。

コンドロイチンを摂取することで、関節の軟骨を増やし、関節痛の少ない身体になることが可能です。

コンドロイチンだけでなく、関節痛の緩和にはグルコサミンも必要であるため、関節が痛い時に使うサプリメントは、この両者がよく配合されています。

サプリメントでコンドロイチンを摂取するだけでなく、グルコサミンも体内にに取り入れ なければ、痛みの生じる関節に働き掛け、軟骨を増やすことは難しいでしょう。

もしも、関節に違和感を感じているなら、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントを使ってみてください。

グルコサミンとは?

カニ、エビなどの甲殻より抽出されたキチン質を分解して吸収しやすい状態にしたアミノ糖の一種です。

グルコサミンは、体の中にある「糖」の中でも代表的な「アミノ酸」と呼ばれる物質で、グルコースにアミノ基が結具した形で存在します。

 

軟骨や皮膚、爪、靭帯などの体の中の様々な臓器に存在しており、クッションのような働きで、各臓器を保護しております。

コンドロイチンとは?

サメ軟骨に含まれる「ムコ多糖体」で、保水性、弾力性があります。

関節軟骨に多く含まれている物質で、生物内では 分布範囲が広く、例えば骨などのかたい組織 や脳神経組織など、ほとんどすべての臓器 に含まれております。

グルコサミン・コンドロイチン併用効果とは?

どちらも「体のスムーズな働きをサポートする働きがある」物質です。

グルコサミンは、軟骨の主成分である「プロテオグリカン」」の原料となります。

コンドロイチンは、優れた保水力でプロテオグリカンに胆力を与えます。

また、グルコサミンが組織を再生と修復する一方で、コンドロイチンは組織に水分を与え、より良い状態を保とうとします。

このように、互いに影響しあっているので、同時に摂取することにより相乗効果が 期待できるのです。

さらに、お互いが作用しあっコンドロイチン の不足を防ぎ、グルコサミンの働きを サポートすることにもつながります。

臨床的効果は?

最近では形成外科などでも グルコサミンコンドロイチンのサプリメント の摂取を勧めているのは、やはり臨床的にも効果が認められているからでしょう。

年を取っても頑健な身体を保ちたいと思うなら、長く歩いても膝が痛まないよう、サプリメントを飲むようにしましょう。

サプリメントでグルコサミンや、コンドロイチンを摂り続けたことで、スムーズな歩行が可能に なったという方も存在します。

医療機関で、病気の治療目的で出される薬とは 違うので、サプリメントでコンドロイチンを 摂取しながら体質を少しずつ変えていく

ことで 関節痛を改善します。

気を付けたい組み合わせとアレルギーは??

組み合わせの注意は?

医薬品との組み合わせに注意です。

グルコサミンやコンドロイチンは、血液凝固作用 を持つワルファリンという薬の作用を増進させる 可能性があります。

他にも、インスリンの分泌にも影響を与えるという報告があり、血糖をコントロールしている 人は医師への相談が必要です。

点眼薬を使用している場合も同様です。

 

甲殻類アレルギーが心配?

甲殻類アレルギー(エビ、カニなど)には、一般的に食品を食べてから1時間以内に蕁麻疹が出る「即時型」と呼ばれる反応があります。

アナフィラキシーを起こす可能性がある甲殻類は、食品衛生法により、特定原材料 として表示が義務付けられました。

食品表示を確認する習慣をつけましょう!

まとめ

いかがでしたか?

グルコサミンコンドロイチンの サプリメントの効果は、 明らかですが、組み合わせやアレルギーには 注意を怠らないようにしましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク