Pocket

肥満の体型を解消することで、健康増進効果が得られるため、痩せることが推奨されています。

運動量を増やしてカロリー消費量を多くし、食事量を見直して摂取カロリーを適正にすること。

ここでは、有酸素運動と無酸素運動の順番や正しい時間帯、痩せるための食事制限までお届けします。

 

 

有酸素運動とは?

 

運動の手段には様々ですが、脂肪を燃やす効果 があるとして多くの人が取り組んでいるものが 有酸素運動であるジョギングや、

ウォーキングで, 筋肉に低刺激の負荷を与える運動を「有酸素運動」 と言い、

主に糖分や脂肪をエネルギーに変えて行う運動です。

有酸素運動だけでなく、筋トレもすることで、より体内の脂肪が燃えやすくなります。

体に適度な筋肉があるほうが、脂肪がよく燃える からです。

筋トレをして、基礎代謝の高い体質になることが、 効率的なダイエットをしたい時には有用だと いいます。

 

無酸素運動とは?

代表的な筋トレは、[無酸素運動]である短距離走や、 重量挙げなどで、筋肉に瞬発的な負荷を かけるタイプの運動で、

体内の糖質をエネルギーに 変えて取り組む運動です 。

血液中を巡っているカロリーが、エネルギーとして使われやすい状態にするには、無酸素運動で成長ホルモンの働きを高める ことです。

有酸素運動と比較すると無酸素運動は筋肥大の イメージが強いですが、実は痩せやすい体質に 重要な基礎代謝を高く上げる効果を持っています。

そのためダイエットにも筋トレにも取り組むべき 運動として、多くの美しいスタイルのモデルが 行う運動でもあります。

 

痩せるためには、有酸素運動と無酸素運動の順番はどっちが先?

脂肪が燃えやすい体にした状態で、ウォーキングや、 ジョギング、サイクリングといった有酸素運動 を行えば、より効果的に体脂肪を燃やして いくことが可能です。

無酸素運動によってダイエット向きの体になった 上で、有酸素運動をするということがコツです。

どちらも痩せるために有効なメニューです。

そのためどちらか一方を行えば痩せることは可能です。

しかし、効果的にかつ短期間で痩せるには、「有酸素運動」と「無酸素運動」の両方を取り組むのがベストなのです。

体を動かす機会が少ない人が、急にジョギングや ウォーキングをしても疲労感が強くなる一方なので、 少しずつ体を慣らしていきましょう。

人間の体が、どういう仕組みで脂肪を燃やして いくかを理解することが、効果的なダイエット をするための第一歩になります。

有酸素運動の正しい方法 「ジョギング」

有酸素運動の代表的な例として挙げられる「ジョギング」。

ウォーキングより負荷が高いため、消費カロリー の高い有酸素運動です。

早朝の時間や仕事終わりの時間など工夫次第で いつでも行えるトレーニングメニューです。

有酸素運動の正しい方法

1. ストレッチを行う

2. 最初はウォーキングを始めて、徐々にスピードを早める

3. 無理のないジョギングのスピードになったら、一定のスピードを保つ

4. 息を吐くことを意識する

5. (2)のウォーキングを含めて20分間走る

6. 徐々にスピードを落とす

7. 終了

 

ジョギングは20分間を目安に行います。

いきなりジョギングに入るのではなく、最初は歩きから始めて少しずつジョギングのスピードに上げていきましょう。

ジョギングは20分間走ることも大切ですが、走るスピードが重要です。

まずはゆっくり気楽に走ることを意識しましょう。

ジョギングは楽しく!が基本です。

ダイエットに効果的な痩せる有酸素運動メニュー「階段昇降」

「たったこれだけで良いの!?」と思われがちな 「階段昇降」

実は階段の上り下りを繰り替えすだけで、効率よく痩せる体質を作れるお得な運動メニューです。

自宅の階段段差、町中などどこでも行えるため、時間や場所を気にせずできるメニューとなります。

有酸素運動の正しい方法

1. 階段(段差)の前に立つ

2. 右足→左足の順で、階段を一段上がる

3. 右足→左足の順で下がる

4. 10分間続ける

5. 1分間のインターバル

6. (2)~(5)を残り2セット行う

7. 終了

階段昇降は10分間×3セットを目安

に行うのが おすすすめです。

運動不足の方は膝を痛めやすいため、階段や段差の高さは膝下くらいが望ましいです。

階段昇降はしっかりと腕を降ることが重要なポイントです。

まとめ

いかがでしたか?

ここでは、具体的な「有酸素運動」に重点を置いてまとめました。

「無酸素運動」

①ノーマルスクワット、

②フロントブリッジ、

③レッグレイズ、

④ヒンズープッシュアップ、

⑤レッグカール

などについては省略しましたが、

以下のサイトに詳しく著わされております。

【健康的に痩せる運動】ダイエットに効果的なおすすめ簡単メニュー … 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク