Pocket

サプリメントが 人気が高く、多くの人がポリフェノールに 健康効果があることを知っています。

ここでは、ポリフェノールとは?健康効果が脅威だ! 効果・食品・摂取量に

ついて迫ってみました。 

ポリフェノールとは?

ポリフェノールは、ほとんどの植物に存在する苦味や色素の成分で、自然界に5,000種類 以上あると言われています。

ポリフェノールは植物由来の抗酸化物質、 つまり酸化に対抗する物質です。

抗酸化物質にはビタミンC、ビタミンE、カロテノイド等いろいろありますが、ポリフェノールも抗酸化物質のひとつとして 活性酸素と戦ってくれるのです。

ポリフェノールの健康効果は?

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える 作用があり、動脈硬化など生活習慣病の予防に 役立ちます。

🔸 視力回復: 

網膜に存在するロドプシンというタンパク質はアントシアニンによって再合成が促され、目の機能の改善が期待できます。

🔸 血圧低下:

カカオポリフェノールを含むチョコレートには 血管を広げる作用があります。

カカオポリフェノールを摂取することで血管の炎症が軽くなり、血管が広くなるためです。

🔸 美肌効果:

しみやそばかすなどの原因は紫外線による活性酸素です。

カカオポリフェノールには抗酸化作用があるので、 活性酸素を除去し、肌のダメージを保護します。

🔸 アレルギーの改善:

カカオポリフェノールにはアレルゲンに対して抗体がつくられるのを防ぎ、肥満細胞から ヒスタミンが放出されるのを防ぎ、レルギーの発症を防ぎます。

🔸 毛細血管強化作用:

そばなどに含まれるルチンには毛細血管を強く する働きがあり、血流も良くなります。

脳卒中の予防などに役立ちます。

🔸 肝臓を保護する作用:

クルクミンは腸で還元され、強力な抗酸化作用をもつクルクミンに変換されます。

アルコールによる肝障害が抑制されます。

🔸 更年期障害の緩和:

大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする成分です。

40~50代に入ると、女性ホルモンの分泌が低下し、耳鳴りやほてり、めまいなどの症状が現れますが、

大豆イソフラボンを摂取することで、更年期症状が緩和されます。

🔸 美容作用:

フェルラ酸の構造がアミノ酸の一種であるチロシンに似ています。

メラニンの生成抑制はチロシンとの拮抗作用なので、フェルラ酸も同様に考えられます。

メラニンを抑制できることでシミやシワ予防ができ、美白が期待できます。

🔸 脂肪の消費:

コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)を摂取 することで脂肪の消費量がアップすることで、内臓脂肪が低減します。

ポリフェノールを多く含む食品は?

ポリフェノールは、8000種類以上もあると言われています。

植物に広く分布し、子孫を残すための種子や、 紫外線による酸化ダメージから守る必要が ある葉に、特に多く含まれます。

赤ワインの原料にもなっているブドウはポリフェノールを多く含む代表的な食品です。

しかし、赤ワイン同様にポリフェノールを摂取したければ、皮も食べなければいけません。

チョコやココアを作る時には絶対に欠かせないカカオの種子にも、ポリフェノールが多く存在しています。

コーヒーや茶にもポリフェノールが含んでいます。

お茶に含まれるタンニン、カテキン、フラボノイド も実はポリフェノールの仲間なのです。

コーヒーにも豊富にポリフェノールが含まれ ています。

しかし、いくらポリフェノールを取り入れるためとはいえ、赤ワインやチョコレートを大量摂取するわけにはいきません。

ポリフェノールのサプリメントの

おすすめ3選は?

アルコール量やカロリー量に左右されずにポリフェノールを取り入れたいならば、サプリメントがお勧めです。

毎日の活動に必要なエネルギーは、サプリメントではなく食事を通して得る方が健康的です。

ポリフェノールについては、サプリメントで摂取するのが効率が良くて簡単に実践できます。

サプリメントで食事だけでは足りないポリフェノールを補い、アンチエイジングや健康増進作用を活かすというやり方がお勧めです。

ポリフェノールおすすめ3選

【おすすめー1】:

ディアナチュラ トマトリコピン

ディアナチュラのポリフェノールは、8種の ポリフェノールとトマトの色素成分であるリコピンが含まれています。

これは他のポリフェノールと合わせて抗酸化作用や 美肌への相乗効果が期待できるところがうれしいですね。

さらに血液の酸化や老化を防いでくれるビタミンE をたっぷり配合。

アンチエイジング対策に 効果的なサプリメントです。

 

【おすすめー2】:

7種ポリフェノール リプサ

7種ポリフェノールには、アントシアニン を豊富に含むムラサキイモや、

アンデス産のイモ で栄養を豊富に含むヤーコンといった珍しい植物の 抽出物由来の成分が利用されています。

 

国内の自社工場で製造し、品質管理にこだわりを もっているめーかーだからこそ、長く愛用できるサプリになりそうです。

 

【おすすめー3】:

DHCポリフェノール

4種類の成分を配合しています。

緑茶・リンゴ・赤ワインからのポリフェノールが 含まれていることに加えて、月見草油から抽出した γリノレン酸という必須脂肪酸を配合。

アレルギー症状を抑えたり、PMSの症状を軽減してくれるといった効果が期待できます。

1か月分たっぷり入って飲みやすいところがおすすめです。

            (出典:https://my-best.com/3527)

まとめ

いかがでしたか? 何気なく摂取しているようでも、きちんと吸収されているのですね!

しかし、意識して摂取することに意義があります。

参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク