Pocket

一日に使うカロリーが、一日に体内に取り

入れるカロリーより多ければ、

ダイエットになります。

人間の体がその日に使うカロリーと、

その日に補給するカロリーとの、

つり合いが取れているかがポイントです。

ここでは、カロリー摂取量と消費量の関係に

迫ってみました。

基礎代謝量とは?

人体は、健康で生きていくために、

絶えずカロリーを使っています。

一切体を動かしていない場合でも、

心臓を動かし、体温を保つためにカロリーは

消費されます。

 

これがいわゆる基礎代謝と呼ばれるものであり、

1日に消費するエネルギーは年代や男女に

よっても違います。

 

基礎代謝とは、体温維持、心臓や呼吸など、

人が生きていくために最低限必要なエネルギー

のことを言います。

生きているだけで消費されるエネルギーで、

私たちが1日に消費するエネルギーのうち、

約70%を占めています。

人間の1日当たりの総エネルギー消費量は、

次の3つで構成されています。

1.基礎代謝(約60~70%)

2.生活活動代謝(約20~30%)

3.食事誘発性熱産生(約10%)

基礎代謝は、1日中寝ていても消費される、

生命維持のためのエネルギー消費のことです。

基礎代謝と年齢の関係は?

基礎代謝と年齢との関係は、

年をとるにつれ低くなっています。

食事の分量や、運動量を決める時には、

まず自分の基礎代謝がどの程度であり、

カロリー摂取量をどうすればバランスが

とれるか知ることが大切です。

基礎代謝と運動は?

痩身効果の高いダイエットをしたいと思う

なら、カロリー制限だけでなく、運動量を

増やして消費カロリーを多くします。

 

使うカロリーを増やすためには負荷の大きい

運動をすることです。

基礎代謝と運動で消費するカロリーの合計が、

体内で使うカロリー量です。

体重(kg)×30=1日の消費カロリー

 

たとえば、体重が60kgの人だったら、

60×30=1800kcalが、 1日の消費カロリーです。

これ以上のカロリーを摂取すれば太るし、

それ以下だったら やせていくという

ことになります。

 

たくさん運動をして、その一方で食事の量は

制限すれば、体内に蓄積されていた脂肪を

消費することができます。

あまりに1日の摂取カロリー数を落として

しまうと、逆に急激なダイエットによる

リバウンドを起こしてしまう恐れがあるので

注意が必要です。

 

スムーズにダイエットを続けるためには、

どのくらいのカロリー摂取量と、

運動によるカロリー消費量のつり合いが

いいかを見極めることです。

(参考:運動の消費カロリーは「METs(メッツ)※」

値から計算することができます。

https://www.life-rhythm.net/oneday-calory/

まとめ

いかがでしたか?

具体的計算方法は、上記MET’s から

求めたください。

人間の消費エネルギーや、食品のカロリーに

ついて 紹介しました。

この消費カロリーと摂取カロリーの関係を

理解する ことは、これまでダイエットに失敗し

続けていたという 人にとっても、

成功の糸口になるはずです。

上手にカロリーコントロールを行って、

ダイエットを成功させましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク