Pocket

自分の身長・子供の身長を伸ばしたい?

と願う親御さんが多いのです。

遺伝の効果は2~3割で、成長期における

食事、睡眠、運動が最も大切です。

ここでは、身長が伸びる原理・方法

・食べ物・ サプリに迫った。

身長はどうして伸びるの?

遺伝が身長を左右すると考えられがちですが、

実は身長を左右するのは、遺伝が2~3割、

環境要因が7~8割だと言われています。

 

身長が伸びるのは骨の端に骨端線と呼ばれる

部分があるうちで、骨が成長することで身長が

伸びるのです。

 

骨端線がある時期は通常だと限られた期間

であり、成長期を過ぎたら消滅してしまう

といいます。

 

骨端線がある内は、身長が伸びます。

骨端線が残っている年代は男性17~18歳

・ 女性15~16歳位で、個人差もあります。

走ったりといった単純な動きでこそ、

軟骨の組織が刺激され、その刺激に よって

骨端軟骨が成長していく。

身長を伸ばす食事は?

サプリメントになるべく依存しないように、

気を付けたいのは食事でしっかり栄養を摂る

ことです。

味やサイズ、飲みやすさも、

子供にサプリメントを続けて飲ませるためには

大事な要素になってきます。

成長を支える6大栄養素は?

【栄養素-1】:カルシウム

身長が伸びるメカニズムは、脳の下垂体から

分泌される成長ホルモンにより、骨の端にある

骨端線と呼ばれる軟膏付近の「骨芽細胞」が

増殖することで、コラーゲンの繊維が沢山

作り出されます。

その繊維にカルシウムが付着して、

骨は硬く丈夫になる同時に長く伸びます。

骨が伸びることによって、身長も伸び大人

の身体が作られていきます。

【栄養素-2】:マグネシウム

実はカルシウムだけを摂っても、

上手に体内に吸収されないために、

カルシウムが体内で吸収されやすくなる

よう助けるのが、マグネシウムと呼ばれる

ミネラルです。

カルシウム2に対しマグネシウム1 の

バランスを守って摂取すると、

スムーズに体内に吸収されます。

 

【栄養素-3】:亜鉛

実は、亜鉛には遺伝子を作るための酵素、

そして成長ホルモンの素になるたんぱく質が

含まれているために、直接、骨の成長に

関与しています。

 

【栄養素-4】:タンパク質

たんぱく質は骨の土台となるコラーゲンの

素材だからです。

また、身長を伸ばすために必要不可欠な

成長ホルモンの素材でもあります。

 

【栄養素-5】:ビタミン

身長を伸ばす為に大切なのが、ビタミンC

と ビタミンDです。

ビタミンCには、コラーゲンを作ったり、

カルシウムの吸収を高めてくれる役割があります。

また、ビタミンDは、カルシウムの吸収を

うながす働きがあり、骨が成長する過程に

大きく関わっています。

 

【栄養素-6】:アルギニン

成長ホルモンの分泌量を増やす効果があります。

背が高くなるかは様々な要素がありますが、

その一つが成長ホルモンの分泌量です。

成長ホルモンの分泌が増えるように、

補助食としてアルギニンを摂られるのも

良い方法かと思います。

身長を伸ばす要因とサプリは?

身長を伸ばすために大事な要因は、限られた

期間である成長期における食事、睡眠、運動

などです。

身長を伸ばすために、食事は勿論大切ですが、

幼児期からの生活習慣が、身長を伸ばす可能性

を伸ばすのではないのかなとつくづく感じます。

 

食事の面ではサプリメントが補助することが

できるでしょう。

たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、

亜鉛などの身長を伸ばすために欠かせない

栄養素をなるべく多く摂るべきなのが骨端線が

ある成長期なのです。

サプリメントはそれぞれの栄養素のものを摂取

しても良いのですが、バランスよく栄養摂取する

ことが大事です。

サプリメントには複数の成分が入っているものが

あるので活用しやすいのではないでしょうか。

成長ホルモンを促進するサプリメントを摂取

するのもおすすめです。

3例をあげると、

🔸DR.SENOBIRU

🔸マックスノビール

🔸プラステンアップ

 

等々ですが、他にもたくさん販売されて いるので、研究してください。 (参照:https://seicho-supple.com/contents/eiyouso.html)

まとめ

いかがでしたか?

一般的には、遺伝で子供の身長が決まると思って

いる方が多いのではないでしょうか?

この情報で、かなり多くの部分で改善できる

ことが分かったと思います。

身長は、大きい方が選択肢が増え有利に作用します。

是非、貴女も挑戦してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク