Pocket

年が増えるたびに気になるのが、“お腹ポッコリ” ですが、皮下脂肪が原因でない場合が多いのです。

“便秘”が原因であることも多いのです。

ここでは、下腹ダイエットのための「原因」「食事」 「筋トレ」に迫ってみました。

下腹ポッコリの原因は!便秘?

便秘体質であることで、下腹が大きく なっていることもあります。

中年以降になると老廃物が排出されずに体内に残りやすく、便秘がちになって下腹の出っぱりになることもあります。

下腹が出ている原因が脂肪ではなく便秘なのだとすれば、エクササイズや運動でウエストは細くなったりはしません。

食物繊維や善玉菌をたくさん摂るなどして、腸内環境を改善することによって便秘が解消されます。

便秘をしない体になることで、下腹を細くすることが可能です。

下腹をダイエットしたいからといって、安易に下剤に頼るのは禁物です。

下腹が出ている理由が便秘だった場合、便秘改善による下腹のシェイプアップには限界があるでしょう。

よりダイエットを進めたいという場合は、下腹を鍛える腹筋運動を習慣にするといいと言われています。

下腹ダイエットのための食事は?

通常働く女性は1日に1,750〜2,000kcalのエネルギーを確保しなければならないのですが、

実際に取れていたエネルギーは1,479kcalと大幅なマイナスであることが分かりました。

食物繊維をとることは、便秘の解消に不可欠な要素といえますが、それだけでは不完全です。

働く時間が長くなるにつれ食事量が減ることが分かっているため、特に仕事で忙しいときには、

ヨーグルトやナッツ、具の入ったおにぎりなど、小まめに捕食をとりながら食事量の確保を心がけることも大切なのです。

便秘解消おすすめは?

いかは、「便秘解消献立の例」です。

便秘の解消を考えるうえで、欠かすことのできない栄養素「マグネシウム」は、筋収縮に関係しているため、

腸のぜん動運動に働きかけることが分かっています。

さらに、マグネシウムには水分を吸着する性質があるので、保水性が増して便をやわらかくする作用もあることから、便が腸内をスムーズに進むことができるのです。

ポイントは、適切な食事量を摂ることと、マグネシウムが豊富な大豆製品・海藻類を積極的に摂ること。

手軽な納豆や、大豆の水煮・ワカメ・ひじき等は冷蔵庫に常備しておいたり、外食を選ぶときにチョイスできると良いですね。

下腹ダイエットの筋トレは?

ダイエットを成功させ、下腹をスリムにしたいという人は、まず腹筋を強化する運動をするようにしましょう。

運動をして体が引き締まることで下腹も徐々にサイズダウンしていきます。

運動によって新陳代謝が向上し、蓄えられた脂肪が燃えて体重が減っていきます。

けれども、腹筋による減量はしにくいようです。

腹筋運動だけで下腹のサイズをダウンさせるためには、それなりの期間に渡ってダイエットを継続して行うことが大切です。

(参考:https://oggi.jp/6172225)

有酸素運動・無酸素運動に関しては以下の サイトを参照ください。

「運動で痩せる方法」には“コツ”が大切だ!方法・効果、「有酸素運動」
まとめ!

まとめ

いかがでしたか?

下腹ダイエットは、“便秘”が大きく作用しているのですね! 知ってしまえば、簡単ですよね!

問題は、情報収集と理解です。そして“実行”あるのみです。

直ちに実行し、“美ボディ”を獲得してください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク