Pocket

コーヒーにはダイエット効果が期待できるのは良く知られております。

ただし、コーヒーの飲み方や種類によっても ダイエット効果が変わってくるとのこと?

ここでは、コーヒーダイエットの効果と方法・注意点に迫ってみました。

 

 

 

コーヒーダイエットとは?

コーヒーダイエットが痩せる為に効果があるのはなぜでしょうか。

ブラックのコーヒーを飲むことで脂肪燃焼効果 をアップさせれ、体内に蓄積されている脂肪が、コーヒーの有効成分でより燃えやすくなるからです。

 

ダイエットにいい成分は様々なものがありますが、コーヒーのカフェインもその 一つです。

カフェインには、集中を高めたり、脂肪を 燃えやすくする性質がありますので、コーヒー でそのカフェインをどんどん摂取するという わけです。

タイミングを計ってカフェインを摂取して脂肪の燃焼を促しておくことで、運動や入浴によるダイエット効果がより高くなります。

無理に運動をしたり、食事量を減らさずとも、コーヒーダイエットは実行可能です。

コーヒーダイエットのやり方は?

食後にホットのブラックコーヒーを飲むというのが基本のやり方。

食後の血糖値の上昇を抑えて、肥満ホルモンと呼ばれるインスリンが過剰に分泌するのを抑える働きがある。

ダイエットの性質上、運動などを一緒に取り入れるとさらに効果が上がるのは言うまでもありません。

運動は体内の脂肪を燃やす効果がありますが、運動の直前にコーヒーを摂取することでより脂肪が燃えやすいコンディションになることが可能です。

掃除や庭仕事など、家で体を動かす作業をする前に意識してコーヒーを飲むという方法もいいでしょう。

コーヒーダイエットの最中は、体を使う行為全般が適しています。

コーヒーダイエットは、食事制限や運動でのダイエットほど急激に体重が減りはしません。

急激なダイエットはできませんが、反動でリバウンドするリスクが低いこともコーヒーダイエットの特徴です。

着実なダイエットをしたいという人に適 しています。

コーヒーダイエットのコーヒーの種類は?

ブラックコーヒーが苦手という人は

・無脂肪牛乳を入れる。

・グラスフェッドバターやギーなど、ダイエット効果が期待できるバターを小さじ 1杯入れる。

・ココナッツオイルを小さじ1杯入れる。

ブラックコーヒーが苦手というひとは、牛乳やクリーム、砂糖を入れてしまいがちだけれど、ダイエットの観点からすると牛乳やクリーム、砂糖はNGです

砂糖を摂取することで血糖値が急上昇してしまうのだ!

コーヒーを飲むタイミングは?

「食後のコーヒー」が一般的だけれど、ダイエット中であれば、食前と食後の両方で飲めるといいでしょう。

運動前にブラックコーヒーを飲むのがおすすめ。

運動前30分~1時間前に飲むのがベスト。脂肪燃焼効果を狙うなら「有酸素運動」、ウォーキングやジョギングなどの前に、ブラックコーヒーを飲むのと良い。

入浴前にブラックコーヒーを飲むのもおすすめ。

コーヒーダイエット注意点は?

胃痛や胸やけの原因になり得る可能性があります。

空腹時に飲み過ぎると胃酸の分泌を促進するため、 胃が荒れてしまうことが…

 

② コーヒーには「タンニン」が含まれているため、 歯の着色汚れに繋がるという点。

「タンニン」は着色汚れのほか、鉄分の吸収を 阻害する作用も考えられるため、飲み過ぎには注意。

 

③ カフェインが交感神経を刺激して興奮状態になり、眠につながる恐れがある。

カフェインに敏感なひとは、寝る前は飲まないほうがベター。

 

妊娠中・授乳中はカフェインNGです。

 コーヒーを飲む場合は、カフェインレス のものを。

まとめ

いかがでしたか?

コーヒーがダイエットに効果があることは、分かっているが、タイミングや注意点は意外に知られておりません?

ここで明確にしさらなる効果的ダイエットに 励んでください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク