Pocket

こんにちは!今日もご訪問いただきありがとう ございます。

最近「アトピー皮膚炎に悩むお子さん」が、増えております。

ここでは、「アトピーとは?」「原因」と「症状」 に迫ってみました。

アトピーとは?

アトピーとはアトピー性皮膚炎のことを言いますが、強いかゆみや湿疹などが出てきて良くなったり症状が悪くなったり、何度もぶり返したりする皮膚の病気です。

アレルギーのことをアトピーと呼んでいるのですが、数年前までは、乳幼児や赤ちゃんなどに多い病気として知られていたのですが、

今は 大人でもなかなか治らない皮膚疾患としても知られています。

アトピーという名前ですが、なぜこの名前が付けられているのでしょうか。

アトピーという名前は、もともとは奇妙である、不思議なという意味があるのですが、 ギリシャ語からつけられました。

アトピーは、アがついていることで、トピーの不思議なという意味を否定しているということになりますので、

結局は、アトピーというのは、これとは断言できない奇妙な、皮膚炎という意味いでつけられた名前です。

アトピー性皮膚炎という名前を付けたのは、アメリカ人の病院で働く医師で、1928年に付け られました。

ギリシャ語では、原因不明の、不思議なといった意味のある皮膚炎ということになります。

アトピーの原因は?

アトピー性皮膚炎の原因は、これまでに完全には明らかにされていませんが、さまざまな要因が複雑に関わることで発症すると考えられています。

たとえば、家族内でアトピー性皮膚炎を抱える方がいらっしゃると、お子さんも同じくアトピー性皮膚炎を発症する可能性が高まることから、

遺伝的・体質的な要因が関わっていると想定されています。

しかし、家族歴があるからといって必ず病気の発症に至るというわけではありません。

アトピーというのは、体の外からはいってきた抗原を体が異物だと思って排除して、免疫機能が働きます。

これがアトピー性皮膚炎として発症することになるのです。

皮膚に症状が出る人もいれば、咳などの症状が出る人もいますから、色々ですが、

アトピー性皮膚炎の人というのは、 何かアレルギーがあるということになるのです。

アトピー性皮膚炎になっている人は、ですから何か食べ物や物質などにアレルギーがあることになります。

以上のように、体質的な要因や環境要因、生活動作 などが複雑に関与することで、アトピー性皮膚炎の発症 につながると考えられています。

アトピーの性皮膚炎の症状は?

体のさまざまな部位にかゆみを伴う湿疹(皮膚が赤みを帯び、ブツブツやカサつきを伴う)が生じて、よくなったり悪くなったりを繰り返します。

乾燥しやすい冬や、汗をかきやすい夏に症状が悪化することが多いです。

皮膚症状が起こりやすい体の部位として、下記が挙げられます。

• 額

• 目の周り

• 口の周り

• 首

• 肘

• 膝関節の裏側など

また、年齢によって皮膚症状が少しずつ異なります。

まとめ

いかがでしたか?

以後は、このカテゴリー(アトピー)で、様々な 要因について調査し、アップしていきますので、参考にしてください。

皆様のお役になるように頑張ります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク