Pocket

ダイエット効果のある方法として、ダイエットにキャベツを用いている人が増えております。

食事の前にキャベツを食べるだけで、自然と食事量が減り、ダイエットにつながりやすくなる方法です。

ここでは、キャベツダイエットの方法・レシピ・ 運動との組み合わせに迫ってみました。

キャベツダイエットの効果ある理由は?

 

栄養摂取にキャベツはそれほどの役には立たず、カルシウムとビタミンがあり、食物繊維が比較的多いくらいです。

ダイエット向きの食材であるキャベツを利用して、カロリー制限を行うことが できます。

キャベツのカロリーは低く、100gで 23kcalとダイエット向きなのです。

お通じが悪くて困っているという人は、食物繊維の豊富なキャベツを食べることで、便秘体質の改善が可能です。

ダイエット効果の理由 は、キャベツには、 食物繊維がたっぷりと含まれてるからです。

「食物繊維は便秘解消に良い」というイメージがありますが、それは食物繊維が腸内環境を整える作用があるからです。

また食物繊維は腸の壁の粘膜にバリアを張り、脂質・糖質の吸収をゆるやかにする効果もあるため、血糖値の急上昇を抑えることが できます。

キャベツダイエットは食事とのバランスが重要?

しかしキャベツだけでは、毎日の生活に必要な栄養を摂取することができません。

偏った食事をしてしまうと、リバウンドにつながったり、体調を崩しやすくなったりするおそれがあります。

健康的にやせるには、規則正しい食事と適度な運動が大切ですよ。

キャベツのみでダイエットや便秘解消ができるわけではないので、他の食事とのバランスも重要です。

栄養のバランスがとれていないと、ダイエットに十分な効果が得られませんので、気をつけなければいけません。

キャベツを献立に取り入れることで、便秘がちな人はお通じがよくなりますし、代謝が良くなり美旗効果も得られます。

食事の時は、最初にキャベツの千切りを多めに食べて、満腹感を感じやすい状態になった上で、日頃と同じ食事をしてください。

キャベツダイエットとは、まとめてキャベツの千切りをつくっておいて、食事ごとに一定量を出し、最初に食べるというわかりやすいダイエットです。

キャベツダイエットは、手軽にできる割りにダイエット効果は期待できますので実践してみてください。

キャベツダイエットの効果は?

🔸 便秘解消:

キャベツに含まれる不溶性食物繊維は、水分を吸収して便の容積を増やし大腸を刺激します。

大腸が刺激を受けると便を排出しやすく なり、便秘の対策につながります。

またビフィズス菌のような善玉菌の餌に なり、善玉菌が増えるため腸内環境の 改善が期待できます。

 

🔸 血糖値上昇を抑える

キャベツに含まれる水溶性食物繊維は、小腸での栄養素の吸収を緩やかにして、食後の血糖値の上昇を抑える作用があります。

🔸 よく噛むことで満腹感が得られる

キャベツには食物繊維が多く含まれていて、噛み応えがあり満腹感が得られやすいです。

食事を摂るときに、一番最初に食物繊維の多いキャベツを食べると、胃腸がまず食物繊維の吸収に取りかかるため、

炭水化物や、脂質の吸収をゆるやかにすることができます。

ダイエット用の低カロリーの食事にしても空腹感を感じにくくするには、最初にキャベツをよく噛んで食べておくことで満腹感を得やすくしておくといいでしょう

🔸 肌の健康をサポートする

キャベツに含まれるビタミンCは、皮膚のメラニン色素の生成を抑えて、日焼けを防ぐ作用があります。

またキャベツに含まれる食物繊維によって、便秘による肌荒れの対策につながります。

キャベツダイエットのやり方と注意点は?

キャベツダイエットとは、昼食と夕食の食前にざく切りの生のキャベツを食べるダイエット法です。

キャベツを食べてお腹を少し膨らませたあとに、おかず、ご飯の順に食べることで、食事の量を自ずと減らせるのです。

しっかり時間をかけて噛むことでも満腹感は得やすくなり、食べ過ぎの対策になります昼食と夕食の両方が無理なときは、夕食だけでも問題ありません。

注意点は、タイミングです。昼食と夕食の食前に、まずキャベツを食べ ましょう。

そうすることで、あとから食べる食事の量が 減らせます。

まとめ

いかがでしたか?

普段にもキャベツを食する機会は多いと思います。

何気なく食べるより、「キャベツダイエット」を実行するという意識が大切です。

この情報を吸収し、実行してください。

必ず効果が出ますよ!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク