Pocket

アトピー性皮膚炎は、良くなったり悪く

なったりを繰り返す、かゆみのある湿疹です。

原因としては、皮膚のバリア機能、障害や

環境因子、アレルギー因子などが関連

しあっていることが知られています。

ここでは、アトピー皮膚炎の塗り薬・

ステロイド薬の作用と注意点に迫ります。

 

アトピー性皮膚炎の薬は?

アトピー性皮膚炎の治療は、主に薬によって

行いますが、使う薬は次のいずれかを

目的としたものになります。

1. 皮膚の炎症を鎮める

2. 皮膚のバリア機能を高める

3. かゆみを鎮める

このうち、特に重要なのは

「1皮膚の炎症を鎮める」

です。

この治療に「ステロイド塗り薬」が処方されます。

アトピー塗り薬ステロイド薬とは?-

アトピーの薬と聞くとだれもがステロイドを

イメージする人は多いと思います。

確かにアトピーの薬として、ステロイドが

処方されるケースは多いでしょう。

ではこのアトピーの薬として知られている

ステロイドというのは、一体どんな薬なので

しょうか。

アレルギーの薬の中で一番有名といっても

いいのが、ステロイドです。

これは副腎皮質ホルモンを使っているもので、

炎症を静める作用があります。 炎症に対して

劇的な効果が見られるために、 アトピーの

症状があまりにもひどいという 場合には、

ステロイドが処方されます。

ステロイドを塗れば、2-3日もすれば誰もが

炎症が静まります。

ステロイド薬の注意点は?

しかし効果は抜群ではありますが、実際には

依存症の心配もありますし、副作用なども

あると 言われていますので、アトピーの人が

ステロイド を使うと聞くと、抵抗を感じたり、

怖い薬だと 思っている人は多いのです。

ステロイドは確かに怖い薬かも知れませんが、

使い方などをよく守れば、怖い薬ではありません

長期間使うと依存度が高くなりますし、

女性の 場合には子宮などにステロイドの

成分が貯まる と言われているので、

あまり長い時間使うことは よくありません。

アトピーの症状が特にひどくて、対処できない

くらいになった場合には、一時的にステロイドを

使用して、炎症を抑えることはありますが、

日常的に使うということはできるだけ避けた方が

いいかもしれませんね。

ステロイドは処方されたら医師の指示に従って

使い ましょう。

薬の使い方の注意点は?

【注意点-1】:ステロイドの副作用は過度に恐れるな!

アトピー性皮膚炎の治療においては、 何は

ともあれまずは皮膚炎をしっかり鎮める

ことが重要です。

副作用に関しても、適切に使用すれば極めて

安全性の高い薬です。

よほど無茶な量を塗らない限りは、全身に

およぶ副作用が起きることはまずありません。

 

【注意点-2】:塗る量は「FTU」で計る

「適切に使う」がなかなか難しく、せっかくの

塗り薬を効果的に使用できていないケースが

あります。

「FTU」と呼ばれるもので、正確には

「Finger-Tip-Unit」といいます チューブ入りの

塗り薬を、人差し指の先から 第一関節までの長さ

絞り出したとき、その重量は だいたい0.5gになり、

これを「1FTU」と数えます。

体の部位ごとには、

• 顔・首:2.5FTU

• 体幹 (片面):7FTU

• 腕:3FTU

• 脚:6FTU

口径が5mmのチューブから絞り出した場合

を想定したものです。

日本では、口径が3mmの場合もあるので

確認して医師と相談してください。

まとめ

いかがでしたか?

「ステロイド薬」は使い方を間違いなければ、

安全で、副作用も心配いりません!

塗る量も「一つに指針」として参考に

してください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク