Pocket

「エステでダイエットする」ことが評判です。

「痩身エステ」は、ダイエットだけではなく“美しく痩せる”ことが目的になっております。

しかし、試してみたが成果が得あられなかったという方も多いのです。

ここでは、「エステでダイエット」するための“注意点”に絞って迫ってみました!

エステでダイエットとは?

エステと聞くと美肌や美容整形などをイメージ しますが、痩せる効果のあるエステメニューも 用意されています。

女性の中には、痩せるために様々な努力を積み重ねている人は大勢います。

運動や、食事制限などが定番の方法となって います。

しかし、頑張ってダイエットをしているにもかかわらず期待した効果が出ず、挫折してしまうという人も大勢います。

ダイエットに成功して痩せるためには、 途中で諦めずに継続していくことが大切です

数日続けたからといってすぐに結果が出るものでは無いし、継続していても体重が戻ってしまうことも良くあることです。

スタート直後は高いモチベーションでダイエット に取り組むことができますが、

なかなか体重が 減らなかったり、プロポーションが改善しないと、 続ける気力が維持できなくなります。

自分の力でダイエットが思うように進まない場合には、エステに通ってみるのもひとつの方法です。

闇雲な食事制限や、ハードな運動のダイエットが長続きしなかったという人でも、エステを利用すれば計画的にダイエットに取り組めます。

1人でやってもうまくいかないという場合は、専門的な知識がある人の手を借りて、より効率的な痩せ方を追求してみるのもいいでしょう。

自分でダイエットする場合と異なり、エステの場合にはそれなりの金額がかかるものです。

お金が掛かるという面もありますが、専門のスタッフに任せることで、それなりのダイエット効果も期待することができます。

身体に負荷をかけすに、きれいでスリムなボディになるために、エステで痩せるというのはいい方法だといえます。

エステの“禁忌”事項は?

医療機関ではないためお客様の体についての診断や判断を行うことが出来ませんので、禁忌事項を設けているのが一般的です。

安全にサロンでの時間を過ごして頂く為にも下記についてのように列挙します。項目が多いので慎重に吟味してください。

• 風邪

・腸炎

・ヘルペス等の感染症疾患 の症状の出始め、もしくは症状の出ている時

• 発熱時

• だるさ

・過度の疲労感

・睡眠不足などの 体調不良時

• 高脂血症

・糖尿病

・心血管疾患

・膠原病等 の各疾患において以下の状態の場合

• 糖尿病性神経障害 • 医療電子機器

 【ペースメーカー等】を 使用されている方

• 透析中の方

• 体内に金属【ボルト等】などの人口装着物使用の方

• 皮膚トラブルがある方 アトピー性疾患の症状が出始め、 もしくは激しい症状がでている場合

日焼け 後の炎症時湿疹シェービング直後等 • 抗がん剤治療やステロイドホルモン治療 を受けている方

• 術後直後・入院治療直後の方ぎっくり腰や外傷直後の方

• 神経疾患などで、コミュニケーションが取れない方

• 妊娠5ヶ月未満

・妊娠の可能性がある

• 酒気を帯びている方

• 男女専用の場合ある

• 当サロンの運営の妨げになる場合

まとめ

いかがでしたか?

エステには、お金がかかります。

ここでは“注意点”に絞ってまとめました。

項目が多いので、十分吟味してください。

種類・方法・金額は別の情報に求めてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク