Pocket

「キャベツダイエット」が人気です。

「ともかく簡単で、必ず効果がある」

からなのです。

ここでは、「キャベツダイエットとは?」と

「経験者の言葉」を集めてみました 。

まずは、体験談をお聞きください。

 

 

 

キャベツダイエットとは?

様々なダイエット方法がありますが、

中でも 人気の高い方法にキャベツのダイエット

が あります。

キャベツを用いたダイエットとは、

具体的にどのような内容なのでしょう。

キャベツを食卓に出せるサイズに切って、

熱を加えず皿に盛り、食事として食べるのが

キャベツダイエットです。

ざく切りにしたキャベツを、しっかりと 噛んで

食べるといいでしょう。

毎食前にキャベツを食べるというだけの

やり方ですので、どんな人でも手軽に

ダイエットが可能です。

キャベツダイエットの方法と注意点は?

キャベツを小さく切ると、食べやすくなって

咀嚼回数が減少するのでいい方法とはいえません。

キャベツを使ったダイエットで重要なことは、

しっかり噛んで食べることで満腹信号が

出やすい 状態にして、食事の満腹度を上げる

ことです。

キャベツをよく噛んで食べる作業を、

食前に10分くらい行います。

咀嚼をきちんとした食事をすれば、1~2時間は

食事の後もお腹いっぱいな感覚が継続します。

キャベツに何かつけて食べたい時は、

オイルを含まないドレッシングを使って、

不要なカロリーをとらないようにします。

キャベツの味に飽きそうになったら、

塩やしょうゆ、レモン汁などをかけて、

味を変えながら楽しむのもおすすめです。

 

食事時間でなくても、空腹を感じた時には

自由にキャベツを食べても大丈夫です。

間食がわりにキャベツを利用するといいでしょう。

キャベツなら、食べ過ぎが原因で体重が 増えたり

はしません。

キャベツダイエットは、年齢や性別を問わず

手軽にできるダイエットですので、ぜひ試して、

効果を実感してみてはどうでしょうか。

キャベツダイエット経験者の感想は?

🔸 普段から便通良いんだけど、

 キャベツダイエットしてた時とか一日に

 7回くらいウンチしてたんだよね

🔸  39歳2人出産後、150㎝の75キロと

 人生MAXの数字を叩き出してしまいました!

 血圧も、高い状態でしたので、このままでは、

 大変だと、自分を見つめ直し、

 酢キャベツダイエットを昨年の11月から開始!

 11月 75キロから→2月12日現在、

 3ヶ月半で63キロになりました!(-12キロ減)

 血圧も、下がり基準値内、コレステロール

 などにもかなり良くなりました!

 これからも、減量と健康の為続けて行きます!

 

🔸 半年で-6キロ痩せました。

 運動も兼ねて ますが、間違えなく効果あります。

 40過ぎてもう痩せないだろうと半分あきらめて

 ましたが、皆に痩せたねと驚かれています。

 体調も良くなるし、良いことばかりですね(^O^)

 

🔸 太ってきたらキャベツダイエットをやる。

 毎食、山盛りのキャベツから食べ始めるというもの。

 ドレッシング、肉、玉子などと一緒でオッケー。

 一定量のキャベツのあとなら揚げ物もオッケー

 とのこと。 

 

🔸  37歳152cm女です。

 年1kgペースで増え 続ける体重。

 運動しても痩せないし、 困り果てていました。

 先日体重が53.8kgまでいきまして、

 顔も真ん丸だし これへヤバい(;゚Д゚)!

 とその日からキャベツダイエット開始。

 キャベツをとにかく食べまくり。

 タンパク質も意識して。まだ3日目ですが、

 今朝51.6kgでした。

 3年くらい見てない40kg台目指して

 頑張ろうと思っています。

 

🔸 キャベツダイエットというダイエット

 方法が ありますが、これはキャベツに含まれる

 イソチオシアネートやビタミンUという成分

 によって抗癌効果や胃腸機能の回復効果、

 そしてキャベツの食物繊維により

 ダイエット中も 満腹感を得られるという

 ダイエット方法です

 

🔸 体重が100キロを超えてしまい 焦って

 キャベツダイエットを開始!

 朝と夜をキャベツの千切りに置き換え

 お昼は好きなものを食べる 毎日ジョギングを

 30分ウォーキングを1時間 3ヶ月で

 30キロ落とした(? ??_??)?

まとめ

いかがでしたか?

ネットの皆さんは、喜びがハンパないですね!

これほど評判がいいのは、

「簡単」「確実な成果」 があるからなのです。

悩むことはありません!

手近にこんな良い方法が あるのです。

是非試してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク