Pocket

「新型コロナ肺炎」が世界中鵜に蔓延しWHOは、

「パンデミック」と宣言しました。

新しい言葉が踊り、理解するのに時間がかかります。

ここでは、「新型コロナウイルス」関連の

“新語” の解説をします。

「新型コロナウイルス」とは?

重度の肺炎などを引き起こす新型コロナウイルスは、

SARS(サーズ)やMERS(マーズ)と同じ

コロナウイルスの仲間です。

コロナウイルスはヒトや動物の間で広く感染症を

引き起こすウイルスですが、今回のウイルスは

既知のウイルスと一致しない 新型のコロナウイルス

でした。

ヒトに感染するコロナウイルスは、すでに 6種類が

知られています。

そのうち4種類は、一般的な風邪の原因となる

ウイルスで、ヒトに日常的に感染し、風邪の原因の

10~15%(流行期は35%)を占めるといわれて

います。

 

残りの2種類は、重度の肺炎の原因となる

SARS (重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)

MERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)です。

中国で見つかった新型コロナウイルスは、

これら6種類には当てはまらない新しい型です。

世界保健機関(WHO)では一時的に「2019-nCoV」

と命名しました。

ちなみにコロナウイルスを顕微鏡でみると、

表面に突起がみられます。

ウイルス粒子表面のエンベロープ(膜構造)に、

花弁状の長いスパイク蛋白の突起(S蛋白、約 20 nm)

を持ち、外観がコロナ(太陽の光冠)に似ている

ことから ギリシャ語で王冠を表す「コロナ」

にちなんで 名づけられました。

WHOは「COVID-19」と名付けました。

(参考:走査電子顕微鏡(SEM)の分解能は 0.5 ~ 4nmです。1nm = 10億分の1m = 10-9m)

新型肺炎の治療法は?

新型肺炎の「症状」「防護法」などは、

毎日のように 報道されておりますので、

省略しますが、怖いのは、 病状が急変し、

わずか1週間程度で“死”に至ることです。

治療方法は現時点ではわかっておらず、

有効な治療薬や ワクチンもありません

そのため、感染した場合は対症療法で治療する

しか ありません。

現時点では致死率は2~3%程度と推測されて

いますが、 今後の患者数の増加によって

変わる可能性があります。

新型コロナウイルスの生存期間は?

新型コロナウイルスは空気中で数時間、

固形物の表面で2~3日生存可能だとする

研究結果を、米疾病対策センター(CDC)

とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)

およびプリンストン大学(Princeton University)

の研究チームが発表した。 以下の表です。

 

新型コロナウイルスと同種感染病の比較は?

まとめ

 

\いかがでしたか?

これからは、多くの 「新型肺炎に関する言葉」

を特集し随時加えていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。 \


スポンサーリンク