Pocket

アトピー性皮膚炎は、「アトピー素因」を 持ってうまれた方が、外からの刺激や環境で 発症するアレルギーの疾患です。

「アトピー素因」は遺伝すると言われていますが、生活環境も大きく影響します。

ここでは、赤ちゃんのアトピーの生活環境 に迫ってみました。

 

赤ちゃんアトピーの生活環境は?

赤ちゃんの中にはアトピーにかかりやすい人がとても多いと言われています。

アトピーはアレルギーが原因で起きているのですが、アトピーにかかる赤ちゃんは実際のところ、年々増えていると言われているのです。

3人に1人の割合で、アトピーが起きやすいアレルギーの症状が体の中にあると言われているのが現実です。

アレルギーが体の中にあると、アトピーとして表れますが、これは皮膚に現れた状態のことを言います。

他にも気管支ぜんそくとして表れる人もいますし、アレルギーの現れ方というのは人それぞれ違っています。

赤ちゃんでアトピーになってしまうと、痒いので、我慢できずにかきむしってしまって、痛々しいことになり、

お母さんは何とかしてあげたいと思うと思います。

赤ちゃんがアトピーである可能性が高いという場合には、生活環境に注意してあげましょう。

赤ちゃんアトピーの「生活環境の注意点」は?

🔸 室内は掃除をこまめにして、綺麗な環境を整えることも大切ですし、

🔸 他にもじゅうたん などは、使わないようにしましょう。

🔸 カーテンなどは、化学繊維製品を使うことで、ほこりがつかないですから、お勧めです。

🔸 他にも赤ちゃんがアトピーの場合には、ペットを飼う際に注意が必要です。

🔸 他にも綿100パーセントのものを肌に身につけてあげることや、

🔸 布団などの寝具にも気を 配る必要もあります。

🔸 よだれや汗、汚れなどを清潔にし、スキンケアをしっかり行うことが大切です。

赤ちゃんのアトピーは、月齢が進むごとに症状はましになると言われていますが、医師の治療の元で、

ましになることを待つか、体質改善をするよりほか方法はないかもしれません。

赤ちゃんアトピーのネットの声は?

🔸 気をつけてたけど、やっぱり赤ちゃんアトピー になってしまった……かわいそうだなぁ かゆいのって辛いんよね 遺伝させてしまった。

🔸 こんにちは~。 この時期は、乾燥しますよね。4歳の娘が、特にアトピーとかではないのですが、この時期から春先まで、特に入浴中に脚や腰を痒がります。

私も肌が弱くて・・・皮膚科に通院中なので、娘も遺伝かなぁ?と思います..

🔸 夫婦共、子供の時に小児ぜんそく、アトピーがありました。

2歳の娘は、現在卵と牛乳の食物アレルギーと、少しアトピーが出ています。

小児科の先生は親が両親がアレルギー体質だから、 子供もそうなる確立は高いと言う先生が多くそう。

🔸 お腹の中の赤ちゃん、アトピーは遺伝しない けどアレルギーが遺伝したらアトピーになる 可能性が高い。

あたしは軽度のアトピーだからいいけど、赤ちゃんが重度のアトピーになったらどうしよう。

痒がってたらなんて言ってあげればいいんだろう。

生まれてこなければよかったとか言われたらどうしよう。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんアトピーに関する「生活上の注意点」をまとめました。

「遺伝」することも真実なので、別の サイトでまとまます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク