Pocket

政府が新型コロナウイルスの感染経験があるか を調べる抗体検査の実施を検討しています。

これまでのPCR検査と何が違い、 何が分かるのでしょうか?

ここでは、抗体とは?抗体検査とは?その方法 ・何が分かるの?に迫ってみました。

抗体とは?

ウイルスに感染すると、体内から追い出そうと回復に向けた防御システムが働きます。

これが免疫反応で、この働きの過程で一定期間後に体内に作られるのが抗体。

抗体は、特定の異物にある抗原(目印)に特異的に結合して、その異物を生体内から除去する分子です。

抗体は免疫グロブリンというタンパク質です。

異物が体内に入るとその異物にある抗原と特異的に結合する抗体を作り、異物を排除するように働きます。

私たちの身体はどんな異物が侵入しても、ぴったり合う抗体を作ることができます。

「Ig(アイジー)」と略されます。

構造は「Y字」の形をしています。

H鎖(重鎖:Heavy Chain)とL鎖(軽鎖:Light Chain)、 それぞれ2つずつから構成され、上図のように結合しています。

抗体検査とは?

抗体検査」は既に感染を経て体にウイルスに対する免疫が備わったかを診る。一般的にウイルス感染を起こした場合、

上記の 図の様に感染初期にIgM抗体が上昇しその後 IgG抗体が出現しIgGはずっと血液中に存在します。

これらの抗体は再度感染する際にウイルスを中和して感染を防御する働きがあります。

新型コロナウイルス の場合、感染した場合に皆が同じ様にこの様な経過をとるとは今の所はっきりとは分かっていませんが、

もしこのような経過をとるとすれば、感染にかかってから時間が経ってから

採血してもコロナに感染しているかどうかが分かるというものです。

抗体検査の方法は?

ウイルスなどに感染すると、抗体と呼ばれるたんぱく質が作られ、これが血液中にあるかどうか調べる抗体検査で感染した経験の有無が分かります。

新型コロナ抗体検査には、迅速簡易検査法 が有力視されております。

抗体検査で何が分かるの?

新型コロナウイルス感染症の特徴として、無症状感染者が多いことが指摘されています。

もし抗体検査で無症状の感染者の割合がわかれば、今度どのタイミングで自粛を解除すべきか分かってくると思います。

ニューヨークの検査では、14%近くの人が抗体を持っていることがわかったと表したのです。

ドイツでは、15%が抗体を持っていると発表。

緊急事態宣言は、 「一度、規制をしたら、それを解除するのは 非常に難しい」のです。

そこで、注目されているのが、検査で感染リスクの少ない人を探しだし、そのような人に積極的に外出を許し、経済活動や医療現場のサポートをしてもらおうという動きである。

実際に、英国では「抗体検査を行って抗体がある場合には、免疫証明書の発行をする」

と言っている。 パンデミックが長引いた場合には、大規模な 抗体検査の意義や重要性は増すことになる。

まとめ

いかがでしたか?

緊急事態の発令では、終息の難しさがあります。

NYの抗体検査では、14,9%であったと公表し、実際の感染者数を大きく上回るのです。

日本ではどうなるのでしょうか?気になりますね!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク