Pocket

緊急事態宣言が発せられておりますが、5月6日が期限となっておりますが、延長することが確実となりました。

ここでは「ロックダウンとは?」に迫ってみました。

「ロックダウン」とは?

ロックダウンとは、英語の「lockdown」から きている言葉で、今回の新型コロナウイルスの 場合は「都市封鎖」という意味合いで使われています。

具体的な内容としては、「対象エリアの住民の活動を制限する」などが挙げられ、外出禁止などが代表例です。

「ロックダウン」行った国は?

最も強烈な「ロックダウン」を行ったのがインドです。

他にも、イタリアやフランスなどもロックダウンを行っており、必要不可欠な場合を除いて、基本的に外出が禁止されています。

また、最も強烈なロックダウンを行ったのがインドで、2020年3月25日から21日間、約13億人に上る国民に対して事実上の外出禁止令が出されました。

世界人口の約2割の人がロックダウンの影響を受けていることになります。

東京都で「ロックダウン」を実行すると?

東京都の小池都知事は2020年3月25日の記者会見で、

「海外のさまざま例を参考にしながら、今後の対応を決めていきたい」

と発言しています。

外出制限

• 生活必需品の販売店舗以外営業停止

• 在宅勤務 

等が予想されますが、 海外の事例を参考にすると、ロックダウン下 のエリアでは、行動が大きく制限される傾向 にあります。

ただ、日本の場合は緊急事態宣言やロックダウンによる強制力が緩く、最終的な判断を下すのは個人個人です。

さらに、周辺地域からも人の出入りが激しい東京都で、移動を完全にシャットアウトさせるのも、現実的ではありません。

経済への影響を考慮しても、どこまで活動を制限し、それに従うか、非常にシビアな判断が求められます。

まとめ

いかがでしたか?

どうやら「緊急事態宣言」は実行されましたが、 「ロックダウン」は避けられそうです。

外国の例にもあるように、東京で実行されると、大変な騒動になることが予想されます。

そのためにも、「Stay Home」を守り伝染を遮断するしかないのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク