Pocket

新型コロナ感染症は、感染症法に基づいて

強制入院などの措置を取ることができる

指定感染症に指定されたほか、

新型インフルエンザ等対策特別措置法上も

期限付きで「新型インフルエンザ等」

とみなされ、政府が緊急事態宣言を

発令でしました。

ここでは「COVID-19とは?」

「インフルエンザとの違い」 に迫ってみました。

COVID-19とは?

COVID-19とはcoronavirus disease 2019

(2019年に発生した新型コロナウイルス感染症)

を略した言葉です。

SARS-CoV-2と呼ばれるウイルスが原因で

起きる感染症ですが、2019年の終わりごろに

発生したのを皮切りに、あっという間に世界中に

感染が拡大しました。

新型コロナウイルスに感染すると、発熱や咳、

息苦しさ、その他の症状が現れ、感染が肺に

及んで肺炎を発症すると呼吸困難に陥ります。

新型コロナウイルス感染症の

症状は?

症状は通常、ウイルスに感染して4、5日後に

現れますが、人によっては長ければ2週間

たってから症状が出ることもあるようです。

中にはまったく症状が出ない人もいます。

現れる症状には次のようなものがあります。

●発熱

●咳

●息苦しさ

●疲労感

●悪寒

●筋肉痛

●頭痛

●喉の痛み

●においや味がわからなくなる 吐き気や

 下痢といった胃腸の症状が出る人も います。

ほとんどの場合は数週間たつと回復しますが、

人によっては、肺炎、酸素不足、心臓病などの

深刻な問題を引き起こし、場合によっては 死に

至ることもあります。

65歳以上の高齢者以外に、心臓病、糖尿病、

肺疾患、がん、肥満といった病気のある人が、

深刻な状態になりやすいようです。

新型コロナ感染症とインフレエンザ

との違いは?

🔸季節性インフルエンザは、高熱や鼻汁、

 のどの痛み、関節痛など、割としっかりした

 症状が目に見えて現れる患者さんが目立ちますよね。

 しかも、感染したのち短期間で症状が出る

 ことが多く、広がりが見えやすい

🔸COVID-19は、症状がごく軽かったり、

 ほとんど症状がなかったりする人が一定数いて、

 そういう軽い症状を持つ人が大勢に感染させて

 しまう例があります。

 結局、「コミュニティが散った後に発症する」

 というのが、非常に厄介な点ではないかと思います

🔸 SARSと異なる点は大きく2つあります。

 ① SARSは、感染した人の大部分が重症化し、

  重い肺炎を起こします。

 ② SARSの原因となったウイルスは主に

  下気道(肺)で増えるのですが、

  新型コロナウイルスは「上気道(のど)でも

  下気道(肺)でも増える」という違いがあります。

🔸新型コロナウイルスには治療法やワクチンは

 存在しない。

 一方、インフルエンザ・ワクチンは存在する。

 インフルエンザ・ワクチンを接種すれば、

 今後数週間に医療機関にかかる多大な負担の

 軽減につながるかもしれない。

新型コロナ感染症の治療薬は?

新型のウイルスなので、基本的に「特効薬」

「ワクチン」がないのです

症状を軽くする療法が処方されるだけなのです。

現在多くの研究者や製薬企業がSARS-CoV-2を

克服すべく、治療薬の開発を急調で進めている。

同時に、SARS-CoV-2に特異的な薬剤が開発される

までの繋ぎとして、既存薬の中で治療薬の探索が

進められているのが現状で、他の目的に使用

されていた薬品が有効であるという情報が出ており、

飛びついている状況です。

まとめ

いかがでしたか?

新型コロナ感染症と名がついているように“新型”

であるために特効薬はありません。

これほどに蔓延し「パンデミック」となって

しまったのです。

しばらくは“コロナとの共生”が避けられないようです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク