Pocket

新型コロナウイルスの発生源については、 アメリカ主導で、G7首脳が今後の調査に 同意しました。

何度も同様な感染症が蔓延し、原因を 突き止めることは、必死のことです。

ここでは、「Wuhan Virsとは?」 「武漢との関係は?」に迫りました。

Wuhan Virs(ウーハンウィルス)とは?

2019新型コロナウイルス(2019-nCoV, SARS-CoV-2)は、 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となる

SARS関連コロナウイルス(SARSr-CoV)に属する コロナウイルスである。

日本の国家機関や主要な報道機関は「新型コロナウイルス」と呼んでおり、「新型コロナ」 と省略される場合もある。

2019年に中国湖北省武漢市付近で発生が初めて確認され、その後、COVID-19の世界的流行(パンデミック)を引き起こしている。

新型コロナウイルス流行の中心地となった中国・武漢(Wuhan)のはずれの山沿いに位置する「武漢ウイルス研究所 (Wuhan Institute of Virology)──。

厳重な警備下に置かれたこの施設が 新型ウイルスのパンデミック(世界的な大流行) の発生源だった可能性があるとの疑惑が 今、米国で取り沙汰されている。

「wuhan virs』は、武漢ウイルスのことです。

武漢ウイルス研究所とは?

同研究所内には中国ウイルス培養物保存 センター(CCVCC)がある。 公式ウェブサイトによると、

同センターはアジア 最大のウイルス保管施設で、1500株以上を 保管している。

同研究所では2015年、病原体 レベル4(P4)を扱える最高水準の 安全性を確保した実験室が完成し、 2018年に稼働を開始。

P4は人から人への感染の危険性が高い ウイルスを指し、エボラウイルスなどが含まれる。

P4実験室の建設に当たっては、仏バイオ 企業の創業者アラン・メリュー(Alain Merieux)氏が顧問を務めた。

同研究所では病原体レベル3(P3) 実験室も2012年に稼働を開始している。

詳しい情報は、下記サイトにあります。

中国科学院武漢ウイルス研究所とは? 新型コロナ発生源か?【新型コロナ用語集】 

新型ウイルスは武漢で発生したのか?

米紙ワシントン・ポスト(Washington Post) とFOXニュース(Fox News)は匿名の 情報筋の話として、新型ウイルスがこの研究所 から誤って流出した可能性があると報じた。

ワシントン・ポスト紙が入手した外交公電からは、当局者らが特に重症急性呼吸器症候群 (SARS)に類似した

コウモリコロナウイルスの 取り扱いをめぐる安全対策の不備に懸念を 示していたことが明らかになった。

中国の科学者らは、新型コロナウイルスは武漢 の野生動物市場で動物から人へと感染した 可能性が高いとしているが、

インターネット上では武漢ウイルス研究所が起源だとの疑惑をめぐるさまざまな陰謀説が拡散。

ついには米政府もこの疑惑に言及し、当局がウイルスの出所をめぐり「徹底的な調査」 を行っていることをマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官が表明するに至った。

先に開かれたG7の怪異では、新型コロナの発生源を徹底敵に調査することが同意された。

まとめ

いかがでしたか?

武漢を英語表記すると“Wuhan”となるのですね!新型コロナの発生源については、今後の調査を待つことになります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク