Pocket

新型コロナ感染症では、その説明に

「新語」 や「IT用語」が使われて、

分かりにくいのですが、

小池知事も盛んに使用しております。

ここでは「東京アラ-トとは?」

「意味とロードマップ」に迫ってみました。

東京アラートとは?

東京都は、国による緊急事態宣言の解除に

段階的に休業要請を緩和していく目安を公表。

ただし、感染状況が指標を超える場合は、

独自の「東京アラート」を出し、警戒を 呼びかける

としている。

会見冒頭、小池都知事が口にした「東京アラート」

という新たな用語です。

アラートとは、英語で「警報」という意味であり、

パソコン用語としては、ユーザーが誤った操作を

しようとしたときの警告や確認、注意を促す

メッセージを指すものである。

なお、エラーの際に表示されるダイアログ

ボックスは警告ボックスと呼ばれる。

東京都のモニタリングの指標は?

小池都知事「感染症防止と経済社会活動の両立を

図っていく目安となるモニタリングの指標は

7つあります」

① 新たな陽性者数が1週間平均で 1日あたり

 20人未満であること。

感染経路不明が50%未満であること。

③ 前の週と比べた陽性者の割合が1未満

 つまり、新規の感染者が減少傾向であること。

重症患者数、  

入院患者数、 

PCR検査の陽性率

なども考慮に判断される。

指標のうち1つでも基準を超えた場合、

ロードマップには、自粛緩和の段階的な 順序も

示された。

現在をステップ0として、

ステップ1で美術館、図書館などを緩和。

ステップ2で、飲食店の営業時間短縮の 一部緩和や

      小規模イベントの開催を可能に。

最後のステップ3で、リスクの高い施設を 除く

全ての施設を感染症対策を前提に開放。

中規模イベントも開催可能とする。

感染拡大への警戒を呼びかけるとしている。

東京都の入院患者が4割減少、病床使用率も50%以下に改善

厚労省が16日、ホームページに掲載した

「新型コロナウイルス感染症入院患者受入病床数等」

という資料 によると、東京都の入院患者は4月27日の

1832人から、5月6日に1511人に減少していた。

16日現在、1033人(東京都発表)で、 4月27日より

4割超減少したことがわかる。

減少の要因は、軽症者がホテルなどの施設や 自宅で

療養させる人数を増やしたからという わけでもない。

ホテル等療養者数も、4月27日時点の833人から、

313人(5月16日)にまで減少していた。

まとめ

いかがでしたか?

小池知事の奮闘ぶりが分かりますね!

効果も徐々に表れているのが救いです。

問題は、その後の二次、三次拡散です。

 

頑張りましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク