Pocket

特に、女性はダイエットによって同時に「痩身」になることを希望しております。

「痩身」と原料は同義ではないのです。

急激な痩身を行うと反動で停滞期やリバウンド といった現象がおきます。

ここでは、「痩身とは?」 「脂肪燃焼・ダイエットの関係は?」

に迫ってみました。

「痩身」とは?

 

痩身(そうしん)とは、痩せた身体(引き締まった身体) のこと、そのような身体にすることである。

また、そのような身体にすることの意味で「減量」 という言葉が用いられることがある。

「痩身」と「減量」、いずれも同じニュアンスで用いられやすい。

厳密に言えば「痩身と減量」は同義ではない。

「減量」は、総体重に着目した概念である。

身体から脂肪が減って筋肉量が増えると、体重は増えるが身体は引き締まる。

痩身や減量を行うには、内分泌学、代謝、栄養、 生化学に関する知識を身に付ける必要がある のです。

「痩身」と「脂肪」・「ダイエット」

の関係は?

脂肪の代謝を理解することが、痩身への 早道です。

健康的に痩身するという事は、体についた脂肪を適度に取りさり、総じて痩せやすい体にする事を指しているからです。

脂肪が増加し痩身を妨げるのは、どんな 成り立ちによるのでしょう。

痩身を望む人にとっては、脂肪はあるだけで邪魔、何としてもなくしたいものと感じているかもしれません。

「脂肪」の役割とダイエットは?

脂肪は、体にとって案外と重要なものです。

脂肪は緊急時のエネルギーの保持、たんぱく質の消費を減少させる、体温調節、女性の月経の発現維持などの役割を補っています。

脂肪が急激に減少することは望ましくないため、急激な痩身を行うと反動で停滞期やリバウンドといった現象がおきます。

痩身などを目的に食事を減らした場合、体は 少ないエネルギー供給でも生命維持かできる ようたんぱく質やエネルギーを使わないよう にします。

いわゆる低消費モードにしてしまう事が、体重を落とすのを遅くするわけです。脂肪は女性の月経を維持する役割もしています。

いくら痩身したいといっても、脂肪をまったく取らないような方法は体の為にもよくないといわれる理由です。

体に負担をかけずに痩身を成功させるためには、脂肪の機能はある程度生かせるようにしたいものです。

まとめ

いかがでしたか?

「痩身=八頭身美人」のイメージがありますね!

そこに、「脂肪燃焼」が加わり、複雑になるので、正確に理解する必要があります。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク