Pocket

関節痛に悩まされている方が増えております。

加齢だけではなく、激しい運動や肥満によっても 関節痛が起こります。

ここでは、「関節痛とは?」 「関節痛の原因やサプリメント」

に迫ってみました。

「関節痛」とは?その原因は?

関節の痛みが起こる原因は、スポーツなどで靭帯や半月板などを傷めたときや、関節リウマチ、

感染性関節炎、痛風発作、インフルエンザなどの病気によるものなどいろいろありますが、日本人に最も多いのは変形性関節症です。

加齢とともに骨と骨との間のクッションの役割をする軟骨がすり減って痛みが発生します。

関節のしくみ

関節は、図のように一方が凸(関節頭)、もう一方が 凹(関節窩)となる骨で構成され、骨と骨の間の すき間(関節腔)があるものをいいます。

関節となる面は「関節軟骨」で覆われ、関節の周囲は 「関節包」で包まれています。

関節包の内側にある「滑膜」が「滑液」を分泌し、関節腔を満たしています。

関節軟骨は、骨と骨が直接ぶつからないようクッションのような役割を持っています。

また、関節包に満たされた滑液は軟骨に栄養を供給するとともに、骨同士の摩擦をはじめとする衝撃を吸収し、関節をなめらかに動かす働きを持っています。

変形関節症の原因は?

変形性関節症に最もなりやすい部位が膝です。

加齢とともに発症頻度が高くなります。

膝を酷使すると、膝のまわりの腱や筋が張って、歩き始めなどに痛みを感じるようになります。

さらに長年に渡って膝に負担をかけ続けると、膝への衝撃を吸収する関節軟骨や半月板が徐々に変性したりすることなどによって炎症が起こり、

腫れて熱を持ったり、膝に水がたまったりします。

炎症が慢性的になると関節包が硬くなって十分に機能しなくなり、膝の曲げ伸ばしがしにくくなります。

関節軟骨がすり減ってなくなってくると、 立ち上がったり、階段の上り下りなどの際に 骨同士がぶつかって、痛みが起こるように なります。

肥満によって膝に負荷をかけている人や、激しいスポーツで膝を酷使している人などは、発症が早まる傾向があります。

また、加齢と共に関節軟骨の柔軟性が失われてきますので、注意が必要です。

「関節痛を緩和するには、サプリメントが?」

関節の痛みを緩和する方法として、注目を集めているのがサプリメントの利用です。

関節の痛みを緩和するために、関節痛対策に効果があると言われている栄養成分を、サプリメントで体内に取り入れているという人がいます。

サプリメントは薬とは違い、栄養補助食品として販売されているものです。

即効性には乏しいですが、長期的な摂取での効果が期待できます。

コンドロイチン、ヒアルロン酸、グルコサミン といった成分が、関節痛にいいというサプリメントには使われています。

こうした成分は、関節痛の原因である軟骨のすり減りを、補ったり改善したりすることが期待できるものとして、サプリメントにも配合されています。

サプリメントでコンドロイチンや、グルコサミン を体内に取り入れたいという人は多く、 様々なサプリメントが売り出されています。

関節痛の改善に役立つとされてる成分を含んだサプリメントは、多くの人に愛用されており、 利用した際の評価や口コミを販売サイトで 見ることができます。

グルコサミンの有効性は?

関節痛に効果があるというサプリメントの中では、グルコサミンを配合したサプリメントが特に口コミ評価が高く、

実際に使ってみたという人の体験談などが載っています。

グルコサミンのサプリメントを使っている人は、口コミ評価を見る限り、繰り返し使っている人が多いようです。

利用歴1年以上という人や、一旦はやめたけれど、また使い始めたという人も少なくありません。

口コミの中には、グルコサミンのサプリメントを使い続けていたことで、肩こりもよくなったという体験談や、

長く使っている効果が実感できているという人もいるようです。

グルコサミンには関節のスムーズな動きをサポート する効果があるため、肩周りの痛みにも効果を もたらすのでしょう。

膝や腰などの関節の痛みに対して、サプリメントを 摂取するという対策方法は、高い効果が期待できる といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

関節痛の下人や起こる仕組みとサプリメントについて 纏めました。

サプリの商品は、多数販売されております。

その選び方は、以下を参照にして選んでください。

⇒サプリメントとは?通販で買うデメリットと注意点・リスクは? 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク