Pocket

アロマセラピーというのは最近はとても女性に 人気がありますが、これが花粉症にも効果があるといわれているのです。

副作用もなく安心して使えると評判なのです。

ここでは、「アロマセラピーとは?」 「アロマセラピーが花粉症に効果がある?」

に迫ってみました。

アロマセラピーとは?

アロマテラピーとは、「植物から抽出した香り 成分である精油(エッセンシャルオイル)を 使って、

心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法」と定義されております。

アロマテラピーは日本語では芳香療法と訳されており、植物(香草、薬草)の花、葉、茎、根、樹皮などから水蒸気蒸留で抽出した精油を用いる方法が一般的です。

アロマテラピーは、広義ではコーヒーの香りで目覚めたり、ショウガの香りで食欲が 湧いたりすることが含まれます。

アロマセラピーの健康効果とは?

人が香りを感じる仕組みは、空気中に漂う香りの成分が呼吸と共に鼻に入り、

その香りの成分が鼻の嗅粘膜に溶け込み、香りの成分を情報として嗅細胞がキャッチします。

その後、嗅神経・嗅球・嗅索を通り、大脳(大脳皮質や大脳辺稼系)に伝えられ、人は香りを感じます。

香りの刺激によって、集中力が高まったり、鎮静効果をもたらしたりします。

また、アロマテラピートリートメントなどでは、精油成分が皮膚から働きかけることもわかっています。

他にもアロマテラピー(トリートメントを含む)によって、免疫力に関係するNK細胞活性値が上昇したり、

女性ホルモンの一種であるエストロゲン濃度が増加したり、月経痛が 改善したり、メラニン産生を抑制したり、

副交感神経の高まりによって動脈機能が 改善したりなど、多くの身体への効果が 報告されています。

ただし医療域では、あくまでもアロマテラピーは補完的な役割であり、他の療法を組み合わせることで統合医療として貢献できるといわれています。

アロマオイルの香りには期待できる効果があるといわれていますが、アロマオイルの香り選びで

一番大切なことは、必ず自分の鼻で香りを試して 「よい香り」だと感じるものを用いることです。

アロマセラピーが花粉症に効果がある?

花粉症の症状にはアロマセラピーが効果があるといわれています。

薬で花粉症を改善させたいと思っている人も多い中で薬というのは副作用もありますし、

一時的に花粉症の症状を抑えることにはつながるかもしれませんが、根本的な改善にはならないと思います。

そんなときにおすすめなのが、副作用がありませんから安心して花粉症の対策方法として利用できるアロマセラピーです。

アロマセラピーというのは最近はとても女性に人気がありますが、エッセンシャルオイルと呼ばれる 精油を使って、

リラクゼーションをするという ことに利用されていましたが、これが花粉症にも 効果があるといわれているのです。

特に花粉症に効果があるアロマの香りとしては、ティートリーと呼ばれるものや、

コアラが食べて いるユーカリの香り、

そしてペパーミントなども 花粉症に効果があります。

今紹介したオイルは、殺菌効果がありますし、また鼻づまりや咳が出るといった症状を改善、緩和してくれる効果もあるのです。

それだけでなくアロマの本来のリラクゼーション効果もありますから花粉症によるストレスを解消してくれて、花粉症への抵抗力もアップさせてくれます。

だいたい花粉症のピークから始めるのではなくて、 2-3か月前から始めるのが花粉症対策に効果的 とされています。

まとめ

いかがでしたか?

医療域では、あくまでもアロマテラピーは補完的な役割であり、他の療法を組み合わせることで統合医療として貢献できるといわれている。

とのことで、心強く感じましね!

2~3ヶ月前からあ効果的と言われておりますので、早めに試すことをお勧めします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク