Pocket

新型コロナ感染症は、「緊急事態」が収束したが、 中小企業は、大打撃を受けました。

政府は、救援のための資金供給を決め、交付しました。 「持続化給付金」です。

ここでは「持続化給付金とは?」 「持続化給付金の内容」に迫ってみました。

持続化給付金とは?

新型コロナ感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の 継続を支え、再起の糧となる、事業全般に 広く使える、給付金を支給します。

農業、漁業、製造業、飲食業、小売業、作家・俳優業など幅広い業種で、事業収入 (売上)を得ている法人・個人の方が対象 となります。

持続化給付金の内容は?

🔸 給付額: 中小法人等は200万円、個人事業者等は100万円 ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を 上限とします。

🔸売上減少分の計算方法: 前年の総売上(事業収入)- (前年同月比▲50%月の売上×12ヶ月)

🔸 給付対象の主な要件:

1.新型コロナウイルス感染症の影響により、 ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している事業者。

2.2019年以前から事業による事業収入(売上)を得ており、今後も事業を継続する意思がある事業者。

3.法人の場合は、

①資本金の額又は出資の総額が10億円未満、又は、

②上記の定めがない場合、常時使用する従業員の数が2000人以下である事業者。

※2019年に創業した方や売上が一定期間に偏在している方などには特例があります。

※一度給付を受けた方は、再度給付申請することができません。

持続化給付金参考サイトは?

省庁の参考サイトは以下です。

🔸持続化給付金の支給について-(経済産業省)

 

🔸持続化給付金の申請サイト

 【中小企業・個人事業者向け】 (中小企業庁)

🔸持続化給付金に関するよくあるお問合せ

 (経済産業省)

まとめ

いかがでしたか?

わずかの情報に止めましたが、関係者は、是非申請して活用してください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク