Pocket

中高年の男性が肥満がちなのは、ストレスがたまって食事で発散しがちなことや、

つき合いなどで外食をよくすることがあるといいます。

ここでは、「中年男性のダイエット方法は?」 「適正体重とは?」に迫ってみました。

中年男性の肥満の原因は?

 

ダイエットの必要性がある中年の男性は大勢います。

お医者さんはよく「お酒は控えめに」「暴飲暴食を避けて」「適度な運動を」と言ってますが、みなさん耳にタコができそうですよね。

問題は「そりゃわかってるけどなかなかできない」ってところでしょうか?

中高年の男性が肥満がちなのは、ストレスがたまって食事で発散しがちなことや、

つき合いなどで外食をよくすることがある といいます。 健康に影響があるメボの可能性がある 男性は、日本国内でも多くなってきている ようです。

特に肥満による健康への悪影響は意外に深刻です。

減量するには、「栄養のバランスは保ちながら絶対量を、減らす。」 が鉄則です。

中年男性の適正体重は?

若い時より基礎代謝が低下し、エネルギーを消費しづらくなっているから体重が増えるのです。

食生活に原因もあります。

① 食べる量が若い頃と変わらない。

② 早食いをしている

③ 夕食時間が遅い。

等は、無意識のうちに習慣になっているのです。

そこで、自身の適正体重を算出し、その体重に自分の体を調整することによって健康を維持することができます。

適正体重は、BMI(Body Mass Index)の略で、

BMI=体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)

計算した値が、18.5未満 ⇒ やせ

18.5以上25未満 ⇒ 標準25以上 ⇒ 肥満と判定します。

(日本肥満学会診断基準による) 適正体重とは、「BMI 22」となる体重をさします

メタボの危険性は年を取る毎に高くなるため、特に男性はダイエットを実践することが望ましいといいます。

体脂肪が体に貯め込まれてしまうと、ダイエットで脂肪を使うことは難しいという点は男性でも女性でも同じです。

男性は、日中は働いている人が多く、仕事の関係で外食の頻度が高くなってしまいがちです。

ふとしたきっかけでダイエットを中断してしまう人も多いですが、運動の習慣を作ることによってダイエット対策を継続していき ましょう。

年配男性のダイエットは?

中年より年配の男性はメタボリック症候群 のリスクが高いですが、高脂血症や高血圧、高血糖といった症状が肥満の場合出やすくなるようです。

🔸栄養面に配慮した食事をとり、 カロリーコントロールが大切です。

🔸有酸素運動で、運動不足を解消して 内臓脂肪を減らすこと。

🔸無酸素運動で(筋トレ)で基礎代謝を上げる。事がコツです。

加齢と共に段々と体を動かすことが億劫になってくるかもしれませんが、

休みの日はできるだけ外出してウォーキングやジョギングをすることによってね、男性でもダイエットは可能です。

まとめ

いかがでしたか?

詳しい情報は、たくさん出回っております。

ここでは、中高年齢層の陥り安い肥満と、適正体重の考え方の概要を示しました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク