Pocket

ダイエットの方法が多数提案される中で、脂肪燃焼スープは1週間続ければ効果が出るといいわれているおります。

比較的息の長いものだと思いますが、 それだけ短期間で効果が高いのでしょうか?

ここでは、「脂肪燃焼スープによるダイエットとは?」と「7日観の方法と効果は?」

に迫ってみました。

脂肪燃焼スープによるダイエットとは?

脂肪燃焼スープを自分で作ってダイエットに利用することが可能だそうです。使うのが野菜だけなんですからたっぷり食べてもかなりの低カロリー。

これだけ食べていれば痩せるのは当たり前ですね。脂肪燃焼スープは複数の野菜と缶詰のトマト でつくります。

味つけは基本は塩こしょうとコンソメです。

チリソースを加えたり、カレー粉 キムチ 味噌 豆乳(4日目以降) 醤油カレー粉をプラス したりしてアレンジを楽しむことができます。

脂肪燃焼スープの活用の仕方は?

ダイエットに脂肪燃焼スープをどう使うかは、幾つかの方法があります。

🔸脂肪燃焼スープを食事を摂る代わりに食べる方法や、

🔸少しいつもの食事量を少なくしつつ 脂肪燃焼スープをプラスするというやり方 があるようです。

🔸食事を脂肪燃焼スープに1日1回分だけ置き替える方法というものもあります。

🔸7日間と期間を区切り、脂肪燃焼スープと特定の食材だけで過ごすというダイエット方法もあります。

脂肪燃焼スープのベースとなるトマトには、脂肪の燃焼を促し、高血圧や肥満対策にいい成分が含まれておりダイエットにピッタリです。

他にも食物繊維が豊富なキャベツやセロリ、ビタミンが豊富な各種の野菜を加えて、食べやすく煮込むことでつくられます。

食事制限や極端な運動によるダイエットもありますが、無理な方法ではストレスの原因になってしまいかねません。

ダイエット効果を得ることができる脂肪燃焼スープを使うダイエットは、体に負荷がかからず、空腹を我慢したり、きつい運動をしなくても良いものなのです。

脂肪燃焼ダイエットのルールは?

脂肪燃焼スープダイエットを始めるにあたっては、いくつかルールがあります。

🔸前日24時間はアルコール禁止

🔸砂糖や甘味料(人工甘味料含む)は禁止

🔸飲み物は水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース(甘味料なし)のみ

🔸揚げ物、小麦粉製品はダメ

🔸スケジュールを守る

🔸夕食前は必ずスープを一皿以上飲む

🔸スープの量を守る(減らさない)

これを守らないといくらこのスープを飲んでもやせませんので、 1週間ですからがんばりましょう!

まとめ

いかがですか?

すごく簡単だと思いませんか?

このダイエット法では、絶対的に たんぱく質の摂取量が減るので、 1週間に限って行わないと栄養不足に なり基礎代謝量が落ちてしまう危険があります。

途中で運動をすればまだしも、 短期間で体重を落とすための食事療法 であり、極端なカロリー制限である ことには変わりありません。

もし続けてやりたい場合は、7日間 やったら最低2日空ける (炭水化物やたんぱく質をとる)ようにしましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク