Pocket

食事が原因でコレステロールが上がり、 生活習慣病になるという人が多いようです。

健康を維持するためには、血中の コレステロール値を上げにくい 食生活をすることが不可欠だといえます。

どういった点に配慮することで、 コレステロールを上げないように できるでしょう。

ここでは、「コレステロールとは?」 「脂質異常の判断基準は?」

に迫ってみました。

コレステロールとは?

コレステロールとは. 脂質の一種で、人間の 血液中だけでなく、脳、内臓、筋肉など全身に 広く分布しており、

細胞膜、女性ホルモンや 副腎皮質ホルモン、脂肪の消化吸収を助ける 胆汁の材料になります。

身体のなかには4種類の脂質(中性脂肪、コレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸)が存在します。

これらの脂質は、それぞれ身体を健康に保つ上で重要な役割があるため、すべてが有害というわけではなく、一定量は体内に維持する必要があります。

コレステロールは、細胞膜や身体の働きを微調整するホルモン、あるいは胆汁酸(脂肪を消化・吸収するもの)を形成するための物質として必要なものです。

肝臓でつくられたコレステロールは血液(血管)によって全身に運ばれ、余分なコレステロ ールは血液で肝臓に戻ってきます。

その際、HDL(善玉)コレステロールは血管の壁などにたまったコレステロールを取り除いて集め、もち帰ります。

しかし、LDL(悪玉)コレステロールは、 全身にコレステロールを運ぶだけで、使わない コレステロールを血管や末梢の組織に置いてきてしまいます。

コレステロールの生成源は?

コレステロール量の多い食事は、 血液中のコレステロールを増やす イメージがあるかもしれませんが、 そういうわけではありません。

食品に含まれていたコレステロールで、血液にいくものは1割程度で、 血中のコレステロールの多くは 肝臓でつくられたコレステロールです。

食品にも一定のコレステロールが 含まれていますが、それよりも、 コレステロールを体内でつくるために 必要な栄養素がどのくらい含有されて いるかが、食材選びでは大事です。

どんな食事をするかで、肝臓でつくられるコレステロールの量は変わります。脂肪の摂取量が、ポイントです。

同じ脂肪でも、飽和脂肪をたくさん 摂取するとコレステロールを合成する 機能が高まります。

不飽和脂肪を摂ると、合成は減少します。

🔸ポテトチップス、チョコ、バター、 チーズ、肉の白身部分には、飽和脂肪酸が たくさん存在するとされています。

🔸魚、貝類、ごま油、大豆からつくられた加工品などから不飽和脂肪酸が得られます。

不飽和脂肪酸を多く含む食品を食べ、飽和脂肪酸を多く含む食品を食べないようにすることで、コレステロールの血中濃度を減らすことができます。

血中コレステロール値が気になる人は、コレステロールを挙げるような食事はできるだけしないほうが無難です。

急激な食事改善は長続きしませんが、少しずつコレステロールの抑制を考えた食事メニューにシフトしていくといいでしょう。

コレステロール異常の判断基準は?

LDLコレステロールや血液中の中性脂肪(TG)が基準より高い、またはHDL コレステロールが基準より低い状態のことを 「脂質異常症」といいます。

よくいわれる「コレステロールが高い」 状態とはこの「脂質異常症」を指しており、 脂質異常症になると動脈硬化や心筋梗塞、 脳梗塞などを引き起こすリスクが高くなります。

まとめ

いかがでしたか?

コレステロールの用語は何度となく聞いていることですが、 改めて“確認”してください。

わずかの解説ですが、参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク