Pocket

「情報通信機器を利用して時間や場所に とらわれない働き方をする」--。

いわゆるテレワークが今クローズアップされています 国内でも新型コロナウイルスの影響が拡大 していく中、

テレワークを推進する流れは、 大企業のみならず中小・ベンチャー企業にも 広がってきています。

ここでは、「テレワークとは?」 「テレワーク関連調査と今後」 に迫ってみました。

テレワークとは?

テレワークとは、情報通信技術

(ICT = Information and Communication Technology)

を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な 働き方のことです。

「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語です。

テレワークの形は?

テレワークは働く場所によって、

🔸自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方。

🔸モバイルワーク、  顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を 使う働き方。

🔸施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)  勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方。

一社専用で社内LANがつながるスポットオフィス、専用サテライト、数社の共同サテライト、

レンタルオフィスなどの施設が利用され、都市企業は 郊外にサテライトを、地方企業は都心部にサテライト を置く。

の3つ分けられます。

テレワークが適している業務は?

• 妊娠・育児・介護などの理由、身体障害、あるいはケガなどにより、恒常的または一時的に通勤が困難な人: 常時在宅勤務主体(ほぼ毎日在宅勤務)

• 企画・総務・人事・経理などの管理部門、研究・開発部門の人: 部分在宅勤務主体(週に数日在宅勤務)、 出張時のモバイルワークも適する。

• 営業やSE、サポートサービスなどの顧客対応業務の人: モバイルワークが主体、部分在宅勤務も適する。

新型コロナ感染症で「テレワークの実施率は?」

【関東地方のテレワーク実施率】

🔸緊急事態宣言前(3月9日~15日)・・・・・ 19%

🔸緊急事態宣言発令中(4月10日~12日)・・・ 41%

🔸緊急事態宣言解除後(5月29日~6月2日)・・38%               (▲ パーソル研究所調査)

実施経験の感想は?

🔸部下から見てよかった点は?  

・家族がいるから上司の怒鳴り声が減少  

・仕事姿が家族に見られて少しだけ尊敬されるようになった。  

・化粧品のヘリが遅くなった。

🔸上司から見てよかった点は?  

・電気代や交際費無駄な髪を削減できた  

・オンライン会議など内容を簡単に録画できる

7割近い方々が、「今後もテレワークを続けたい」 と考えているようです。

テレワークの効率と定着の条件は?

🔸テレワークの効率は、(日本生産性本部調べ)

・上がった・・・・・7%

・やや上がった・・・27%

・やや下がった・・・41%

・下がった・・・・・25%

と、“下がった“と思ったがたが、66%にも上ったのです

🔸テレワーク定着の条件は?

① 仕事の明確化

② 上司との信頼関係

成果で評価

「日本の経営の良さは“阿吽の呼吸”で対面でやってきた。 これとどのように組み合わせていくかが課題なのです。」(守島基博教授・学習院大学経済学部)

まとめ

いかがでしたか?

急激に取り入れた“新しい働き方”ではありますが、今後は定着していくと考えられて おります。

100%は無理としても、結構多数が今後も実行したいと思っているようです。

“近い地方に移住”する方も増えることが予想されます。

完全移住も視野に入っている方もおられるようです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク