Pocket

食べすぎやお酒の飲みすぎなど思い当たる ポイントがあれば話は別ですが、

特に食べ過ぎた記憶もないのに急に太ってしまった場合、その原因は「むくみ」にあるかもしれません。

太った原因をよく知らないままダイエットを 初めてしまうと、かえって体調不良を招いてしまう可能性もあるので注意が必要です。

ここでは、「むくみとは?」「むくみの正体は?」 「むくみ対策と成分」に迫ってみました。

むくみとは?むくみの正体は?

“むくみとは” 私たちの身体にある、余分な水分や老廃物が溜っている状態のことです。

“むくみの正体は?” 私たちの体に栄養素や酸素を運ぶ役割の 血液と血管があり、

血管が通っていない 部分は、毛細血管から細胞に必要な成分を 運んでいます。

毛細血管から細胞に成分を届けてくれる「細胞間液」という成分は、水分や老廃物となって静脈やリンパ管へ運ばれていきます。

むくみの正体は、静脈やリンパ管の流れが悪くなってしまうことで、水分や老廃物が回収されずに皮膚の下に溜ってしまうこと なんです。

痩身とむくみ対策に有効な成分は?

痩身に役立つ栄養成分をサプリメントによって積極的に摂取すれば、スリムな体を手に入れることができます。

身体の巡りをよくしてくれる成分を配合したサプリメントは、むくみ太りを解消するのに役立ちます。

体のむくみや、血液の流れが滞っていることが、肥満や、むくみによって体のラインが崩れて見える要因です。

食べすぎやお酒の飲みすぎなど思い当たる ポイントがあれば話は別ですが、

特に食べ 過ぎた記憶もないのに急に太ってしまった場合、 その原因は「むくみ」にあるかもしれません。

むくみの正体は、静脈やリンパ管の流れが悪くなってしまうことで、水分や老廃物が回収されずに皮膚の下に溜ってしまうことなんです。

血流改善を促進し、体のむくみをなくすことで、全身のシェイプアップ効果を期待することができるといいます。

むくみの対策には、ポリフェノール、 ビタミンB、カリウム他、下記の成分の 摂取が効果的だといいます。

🔸カリウム:塩分を外に排出 (アボカド、バナナ、ほうれん草、 その他フルーツ類など)

🔸クエン酸:体内の老廃物を分解・排出(グレープフルーツ、レモンなど)

🔸ビタミンンE:体内のナトリウムを尿中に排出 (モロヘイヤ、アボカド、プルーンなど)

🔸サボニン:体内の水分量を調整 (きゅうり、ごぼう、小豆、にんにくなど)

🔸ビタミンB6:ホルモンバランスを整え生理前のむくみを抑制 (まぐろ、かつお、牛レバー、大豆など)

冷え性とダイエットの関係は?

冷え性体質だと新陳代謝が低下しますので、体に脂肪がつきやすく、ダイエット効果が現れ づらくなります。

多くの女性が、体の冷えに悩んでいると思い ますが、その理由は女性は冷えやすい体の 構造になっているからです。

身体を冷やすと代謝を低下させて、 脂肪の燃焼力を下げてしまうのです。

私達の体温は1度下がると基礎代謝が 約12%低下すると言われております。

色々な問題が冷え性に伴って発生しますので、冷え性にならないように、

体を温める事が先決ですが、身体を温める栄養素を意識して摂取することも有効です。

冷えに対して効果が高いという成分には、ショウガや唐辛子があり、

他には、 にんじん、ごぼう、れんこん、いもなどの 根菜類は体を温める効果があるので、 なるべく意識して摂るようにしましょう。

さらに、ビタミンE (うなぎ、レバー、チーズ、ピーナッツなど)は 末梢血管の血行を促し、ミネラル (ごま、小魚など)は腸内の循環をよくします。

いっぽう、冷たい飲み物(ビール、 アイスコーヒーなど)は体を冷やすのでNG。

また、白砂糖や小麦製品も控えたほうが ベターです。サプリメントで有効成分を補給するという方法もあります。

体温を上げ、体が温かいと感じられるようになるサプリメントは、痩身にも有効なものです。

今では、様々な痩身サプリメントが市場に出回っていますので、自分の体に合ったサプリメントでダイエットを続けていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

“むくみ”と言ってもタイプや種類もあり、それぞれに対応に仕方が異なるようです。

ここでは、“むくみの原因と食材”を紹介し、他は省略しました。

参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク