Pocket

ダイエットを成功させるのに大切なのは

お食事です。

そして、太る原因の90%は 食生活にあります。

太っている人、ダイエットがうまくいかない

人は無自覚に食べていることが多々あります。

ダイエットを成功させるにはまずは自分の

食生活をしっかりと把握することが大切です。

ここでは「レコーディングダイエットとは?」

「ダイエットダイアリーの方法・注意点は?」

に迫ってみました。

「レコーディングダイエットとは?」

レコーディングダイエットは10年ほど前に

流行したダイエット方法で、食べたものを

ただ記録するだけ、というシンプルな

ダイエット方法です。

レコーディングダイエットで日々の食生活を

記録することで、実は無意識に食べていたり、

思った以上にカロリーをとっていたりする

ことがわかります。

一見地味なダイエット方法に思えますが、

ダイエットがうまくいかない方にはとっても

効果的なんです!

レコーディングダイエット方法・注意点とは?

 

【やり方】

レコーディングダイエットでは口に入れた

ものは 全て記録します。

仕事中にもらって食べたお菓子や、通勤途中に

食べたのど飴などもしっかり記入しておきましょう。

また、だいたいの時間を書いておくと分かり

やすいです。

時間を書くのが面倒な場合は朝、昼、夜、

間食 などに欄を分けて書くと良いでしょう。

【注意点】

いろいろとダイエットダイアリーを使用

するにあたって注意したほうが良いことが

あります。

🔸気を付けなければならないのは、

決して ダイエットダイアリーを書くことが

負担に なってはいけないということです。

🔸より有効にダイエットダイアリーを活用

するには、正確な記入が不可欠です。

反対に細かく書くことで、ストレスを感じて

しまっては長く続ける事ができません。

🔸食事内容を書くにしても、自分の性格を

考えて、過度になり過ぎないようにしましょう。

例をあげるとパスタやカレー、サラダなど

大雑把な記録でも、食べた食材を細かく

書くのが大変なときはそれで十分なのです。

🔸量やカロリーなども追加したり、サラダ

もどんな材料が入っていたか、その日の

気持ちで細かく書けるようであれば記録

してみるのもおすすめです。

🔸記録するときうそは書かないようにする

という点は、ダイエットダイアリーを活用

するのであれば大事なことだといえます。

たとえダイエット中でも、どうしても

チョコレートが食べたくなって、

食べて しまう事や、面倒になって運動を休んで

しまうこともよくあることだといえるでしょう。

正直にダイエットダイアリーには、

記録を残すようにすることが、つい

ダイエットをさぼってしまった時でも

大事なのです。

自分に嘘をついていては、ダイエットを

長く続けられなくなってしまいます。

自分の為にしていることで、他人がどう

思うかを気にするものではないのが、

ダイエットです。 ダイエットには、

自分にうそをついて、 記録を積み重ねて

いっても無意味なのです。 ダイエットダイアリー

には、正確な記録を 自分に正直になって

書いておくことが ダイエットの成功の

秘訣だといえるでしょう。

🔸可能ならトイレに行った回数や、

運動した 場合は運動の内容、睡眠時間を

書くと良いです。

レコーディングダイエットの効果は?

① 食べ過ぎを防ぐことが出来る。

レコーディングダイエットを始めると、

食べたものを毎日記録するため自然と

食べすぎるのを防ぐことができます。

② 痩せない原因や痩せた理由が分かる。

記録をつけていると、体重が減らなかった

ときや増えてしまったときにどのような

食生活をしていたか、振り返ることが できるため、

原因を見つけることができます。

③ リバウンドを防ぐ

特にパーソナルトレーニングに通って

いた方などは卒業すると気がゆるんで

食べすぎてしまったりしますよね。

そういうときこそ、自分で食べたものを

記録しておくとリバウンドしにくくなります。

④ 体調管理につながる

肌トラブルがあった日やなんだか体調が

イマイチな日はノートにメモをしてみましょう。

振り返ってみると食べ物が影響している

ことがあります。

⑤ 食べ物のカロリーや糖質量が分かるようになる。

苦にならない方は食べた物のカロリーや

糖質量を調べて一緒に記入してみると良いです。

今はスマホですぐに検索できますので、

カロリーや糖質量を記入していくと食品の

だいたいのカロリーや糖質量がわかるように

なります。

まとめ

いかがでしたか?

食べたものを記録するのは、“面倒くさい”

と思われる方がおります。

そのような場合は、はじめは概要から始め、

慣れてきたら少しづつ“理想に近づける“

という方法を試してください。

“痩せるぞ!”という意識付けが大切です

必ず、効果が出てきます。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク