Pocket

花粉症の対策は、マスクをする、眼鏡をかける、等が常道ですが、最近、「塗り薬」が、評判に なっております。

マスクをできない仕事を持っている方には、朗報 ですが、本当に効果があるのでしょうか?

ここでは、「花粉症の塗り薬とは?」 「花粉鼻ブロックの仕組みは?」

に迫ってみました。

花粉症の塗り薬とは?

花粉症にはいろいろな薬がありますが、目薬や飲み薬があるというのは知っている人も多いと思いますが何と塗り薬が あるんですよ。

最近話題になっている花粉症の塗り薬と いうのは、マスクがいらない花粉症対策 グッズとして知られているのですが、 これを発売しているのがフマキラーです。

製品名は「花粉鼻でブロック」という名前の商品なんですが、これを鼻の中に塗っておけば、塗るだけでマスクも付けずに外に出ても大丈夫なんだそうです。

花粉はもちろんのこと、ダニやペットの毛なども防いでくれるといわれています。

使い方は簡単で、この花粉症の塗り薬を鼻の入り口に塗っておくだけでいいそうです。

花粉症の塗り薬はドイツで誕生したのですが、薬といえば、たいていは眠くなる成分が入っていたりしますが、

この塗り薬ならなりませんし、副作用の心配もありませんからお子さんでも、

赤ちゃんを妊娠している人で花粉症の薬が飲めずに困っている人でも誰でも利用することが出来ます。

これからもっと花粉症の薬というのは販売されてくると思いますが、塗り薬で対処できるのであれば、

マスクが付けられない仕事をしている人でも、安心してマスクをはずして仕事ができますから、いいですよね。

医薬品ではなく、高良・着色料・保存料は、一切使用されていないようです。

「花粉鼻ブロック」の仕組みは?

このプラスの静電界と、空中の微粒子(花粉等)とが反発したり吸着したりすることで、花粉・PM2.5・黄砂の目、鼻、口への侵入を防ぎます。

いわゆる、“アレルシャット”するのです。

(註:アレルシャットとは、 アレル=遺伝子、シャット=閉じる・・の意味?)

「花粉鼻ブロック」製品は?

フマキラー株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大下一明)は、新処方を採用した

「アレルシャット 花粉 イオンでブロック 160回分」を発売しております。

まとめ

いかがでしたか?

「アレルシャット 花粉 イオンでブロック」の意味を理解してください。

PCでは、多くがこの表現です。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク