Pocket

アトピー性湿疹は、遺伝的要因と環境的因子の 組み合わせが病因であると考えられている。

現在では、アトピー性湿疹の治療法はないが、 症状をコントロールするために幅広い治療法が 用いられている。

そうした治療法の1つは、食事に含まれる牛乳など 特定の食品が湿疹を悪化させるという考えに基づく 療法で、こうした食品を除去する食事療法である。

ここでは、「アトピー性皮膚炎の食事療法とは?」 「食事療法の考え方・基本は?」

に迫ってみました。

アトピー性皮膚炎の食事療法とは?

アトピー性湿疹は、先進国における小児期の最も一般的な炎症性皮膚疾患である。

アトピー性湿疹は、遺伝的要因と環境的因子の 組み合わせが病因であると考えられている。

アトピー性湿疹は重症度が異なり、多くの場合は 1時間以上持続し、細菌感染やウイルスなどの 合併症を生じることがある。

アトピー性湿疹の患者の家族だけでなく、医療サービスにも大きな経済的負担となる。

現在では、アトピー性湿疹の治療法はないが、 症状をコントロールするために幅広い治療法が 用いられている。

そうした治療法の1つは、食事に含まれる牛乳など 特定の食品が湿疹を悪化させるという考えに基づく 療法で、

こうした食品を除去する食事療法である アトピー性皮膚炎の食事療法の1例として食物除去療法 がありますがその方法は下記の方法で行ないます。

アトピ-性皮膚炎が重症である事を前提にして アレルギーの診断を行ないます。

アレルギーの診断は血液検査や食事日誌(これを食べた 時に皮膚がこの様な状態になって痒がった)などで

本当にその原因でアトピ-性皮膚炎が悪化するか どうかを除去・誘発試験によって確定します。

食事療法の考え方・基本は?

アトピーの治療方法は色々とありますが、その一つの食事療法と呼ばれる方法があります。

アトピーの食事療法というのは、食べてもいい食べ物を制限したり、料理の献立などを考えて、アトピーの人専用の食事を作るということになります。

🔸アトピーの症状が出ている人というのは、何らかのアレルギーを持っていると考えられますから、

そのアレルギーの物質を出来るだけ 食事で食べないようにすることが大切なことです。 これは基本となります。

🔸その他にも、アトピーが、起きにくい体質に するために、アトピーにならないために免疫力を アップさせるような食品を積極的に摂取することや、

他にも、自然治癒力がアップするような食事をすることをお勧めします。

アトピーの人に関する食事療法などは、医師の指導の基に行うといいと思いますし、

他にも、赤ちゃんのアトピーの場合の食事については、保健婦さんなどがしっかりと栄養 指導をしてくれると思いますから、

その通り 実行してみてはいかがでしょうか。

人によっては、アトピーで、ステロイドを使う ことに抵抗があるという人も多いですが、

ステロイドを使ってアトピーを改善させるよりも、 食事療法を利用して、アトピーが発症しない ような体質にするということの方が大切です

薬と違って、すぐには効果が出るというわけでは ありませんが、今までの乱れた食生活を改善させて、

体質をよくするための食事をするように心がけて みてはいかがでしょうか。

食品添加物なども、アトピーの人は避けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

アトピ-性皮膚炎とは非常に広い範囲で呼ばれている病気で一部の方が何らかにアレルギーをもっている場合を除きほとんどの 方が

皮膚が乾燥してザラザラしている状態で、 いろいろな刺激から守る皮膚のバリアー機能が 低下している状態のことのほうが多いのです。

この様な皮膚の状態であれば皮膚に潤いを与える保湿剤でのスキンケアや湿疹ができて いればステロイドの外用薬で十分にコントロール できるはずです。

しかし、免疫力・自然治癒力をアップさせる ことも有力な方法ですので、ぜひ検討してみてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク