Pocket

アトピー性皮膚炎は感染性の病気ではなく、免疫の仕組の一部が変化して発症する病気で、移ることはありません。

遺伝的要因に加えて、環境の悪化精神的な事も 要因となっています。

アトピー性皮膚炎の原因は最近、ようやく 判ってきたといわれます。

症状の出かたの数だけ原因があると云われるほど多彩です。

ここでは、「アトピー性皮膚炎は遺伝か?」 「アトピー遺伝の複雑性は?」 「体質は変えれない?」

に迫ってみました。

アトピー性皮膚炎は遺伝か?

 

アトピーの症状は遺伝するのか、とても不安に思っている人は多いのではないでしょうか。

結論からいえば、アトピーの症状を引き起こしている体質というのは、遺伝するのです。

日本人の約三分の一の方々はお肌が弱く、いわゆる 敏感肌といわれ水分保持機能がやや劣っています。

アトピー性皮膚炎およびアレルギー諸疾患はアトピー素因と云う遺伝を持っている人にのみ 発症するとされています。

アトピーの遺伝は複雑だ?

 

アトピー自体が遺伝するというのではなくて、アトピーの皮膚炎を引き起こす下人となる体質、遺伝的な要因が遺伝するといった方が正しい言い方になります。

🔸遺伝の方法というのは複雑ですから、必ずしも 両親がアトピーだからといってアトピーに なるというわけでもなく、

軽いアトピーを 持っている母親がいただけで、重度のアトピー の症状が子供に現れるケースもありますから、 遺伝の仕方などは複雑です。

🔸アトピーだけでなく、両親のどちらかが気管支 ぜんそくになっているような場合でも、子供が アトピーになる可能性はあると言われています。

🔸アトピーは、色々な面で遺伝的な要素がとても 強いと言われていますが、親がアトピーでない 場合でも

い血のつながった近親者の中に アトピー性皮膚炎の疾患を患っているという人や 気管支ぜんそくを持っている人がいるという 場合には、

アトピーが遺伝するというケースも 考えられます。

🔸強いアトピーでなくても、季節性のアトピーなど にもかかりやすい状態にあるとう人もいます。

🔸両親がアトピーでなくても祖父母にアトピーの 症状があれば、アトピーになる確率は高いです。

アトピーの原因が環境であるという場合には、遺伝は考えにくいので環境を改善することでアトピーの症状を抑えることができます。

アトピー性皮膚炎の体質は変えれない?

体質は細胞内にある「核」の、さらに中にある染色体の中の、そのまた中にある「遺伝子」に組み込まれたもので、

化学物質により信号が つくられ「ゲノム」と呼ばれています。

アトピー素因はその遺伝子に組み込まれ、遺伝子は細胞が分裂するごとに「複写」されて 代々、受け継がれます。

したがって体質は絶対に変えることは出来ません。民間療法で「体質を改善しなければアトピーは治りません」と云われます。

まさにその通りですが、そのあとに続くコトバとして「だからこれを飲んで体質をかえましょう」という訳にはいきません。

A型血液の人が薬を飲んでB型血液になったなんてあり得ないことです。従って体質に合せて生活の方法を変えることが求められます。

まとめ

いかがでしたか?

「アトピー性皮膚炎は遺伝」ですが複雑なことが 分かります。

さらに「体質」は変えることが出来ないので“体質に合わせた生活”に変えることが求まられるのです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク