Pocket

アトピーの原因というのはそもそも体質である と言われているのですが、アレルゲンに触ったり食べたりすることで、アトピーになるとも言われています。

しかし実際には、そういった体質というのはない とも言われているのです。

ではアトピー体質というのはそもそも存在して いないのでしょうか?

ここでは、アトピーの原因は?」 「アトピーの3大対策は?」

に迫ってみました。

アトピーの原因は?

遺伝子というのは両親から引き継いで、高い確率で引き継がれます。

例えば、両親がアトピーである場合には、遺伝するケースもありますし、祖父母がアトピー体質であっても遺伝すると言われていますからこれらの、

関係している人たちが、アトピーにかかっていないのであれば、突然その子供だけがアトピーになるということはありません。

突然アトピーの子供が生まれるということは無いに等しいといってもいいかもしれません。

アトピーの原因というのはアレルギーが原因で 起きる人もいれば、環境的なもので、ほこり などがアレルギーになって、

それが原因で アトピーになっている人もいます。

食べ物が体に合わないことが原因でアトピーになる人もいますから、アトピーの原因というのは特定しにくく人それぞれ違っているので、

これだと、1つに断定することは難しい でしょう。

アトピーの人というのは原因をまずは知った上で、治療を進めていけば、アトピーの治療が スムーズに進みますし早く治療ができていい かもしれませんね。

早めに原因を知っておっことは予防にもつながりますし、改善にもつながります。

アトピー性皮膚炎の「アトピー」という言葉には、「とらえどころのない」という意味があります。

この言葉は、アトピー性皮膚炎が、その特徴でもある、原因が複雑に絡みあって起こる病気であるということを現しています。

アトピーに3大対策は?

【薬物療法】

アトピー性皮膚炎に対する治療は、薬物療法によって皮膚の炎症を抑えることが 基本になります。

薬物療法には、ステロイド外用薬、非ステロイド外用薬、タクロリムス軟膏(免疫抑制剤)、保湿外用薬、

抗アレルギー薬などの内服が用いられ、症状により、それぞれ単独で、または 組み合わせて使用します。

これらの薬剤のなかで、ステロイド外用薬に関しては、その使用に不安をもたれる方がいます。

しかし、その不安の多くは、薬剤の不適切な使用法によってもたらされた結果から生まれた誤解がもとになっているようです。

ステロイド外用薬は、症状に合った強さの薬を必要な期間にわたって使用すること、そして、1日に定められた回数、使用することが基本です。

使用法を誤ると、十分な効果が得にくく

なります。

必ず、医師・薬剤師の指示に従って使用してください。

【アレルゲン対策】

アトピー性皮膚炎のアレルゲンのなかで、年齢を問わず多くの患者にみられるのは「ダニ」で、検査をすると、約7割の患者が ダニに陽性を示します。

ハウスダスト(部屋のほこり)のなかにもダニはたくさん含まれているので、部屋を 清潔に保つことは、アトピー性皮膚炎対策 として重要です。

アトピー性皮膚炎の原因には、食品が関係していると聞いたことがあるかもしれません。

食品がアレルゲンになるケースは、乳幼児期に多くみられます。

これは、消化管の発達が不十分だからと考えられています。

4歳を過ぎる頃には、食品に対するアレルギーの陽性反応は、ずっと低くなります。

食事は、成長期の子どもにとって重要な意味を持ちます。

食事制限は、医師と相談のうえ慎重に行っていきましょう。

【スキンケア】

アトピー性皮膚炎の方は、皮膚の状態が、病原体の侵入に対して防御機能が低下した状態にあります。

それだけに、皮膚の清潔さ、および水分・油分 を保つことは、とても大切です。

〔スキンケアのポイント〕

○入浴は、毎日

○かゆみを感じるほどの熱湯は使用しない

○石鹸やシャンプーは、天然の成分のみを使用した物を

○肌を刺激する成分を含んだ入浴剤を使用しない

○入浴後5分以内に、保湿剤を使用する

○衣類の洗剤は、界面活性剤の含有量の少ない物を選ぶ

まとめ

いかがでしたか?

「アトピーの原因」と「3大対策」の概要を纏めました。

この病気の方の多くが、治療によって症状をコントロールすることで、やがては薬を使用 しなくてもよい状態になっています。

あきらめずに希望を持って、治療していきましょう。 

他の“アトピー“関連サイトを組み合わせてお読みください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク