Pocket

多くの人が、女性らしい体の丸みと、引き締まった下半身やお腹まわりを自分のものにして、自身を美しくしたいと思って います。

ダイエットに取り組む人にとって、憧れの 体型を自分のものにしているモデルは、 目指すべき到達点といえます。

ここでは、「モデル体重とは?」「モデル体重になるための5つの習慣とは?」

にせまってみました。

モデル体重とは?

モデル体重のBMIは18と言われ ています。

身長が

160㎝の方なら体重が46.1㎏、

155㎝の方で43.2㎏、

165㎝の方で49.0㎏、

170㎝の方で52.0㎏です。

なお、モデル体重は写真上では すっきりと美しく見えますが、 生身で見ると細すぎる印象を与える ことがあります。

モデルとしてではなく健康的な 美しさを追求するなら、 美容体重(BMI=20)を目指す ほうがよいかもしれません。

美容体重はモデル体重よりも少し 重く、

160㎝の方で51.2㎏、

155㎝の方で48.1㎏、

165㎝の方で54.5㎏、

170㎝の方で57.8㎏です。

【計算式】

🔸適正体重  =(身長m)2 × 22  (BMI指数が22で計算された、最も健康的 と言われる体重)

🔸美容体重  = (身長m)2 × 20(BMI指数が20で計算された、 見た目が スリムな体重)

🔸モデル体重 = (身長m)2 × 18 (BMI指数が18で計算された、モデル・女優 のような体重)

BMI値が18.5以上25未満を「普通体重」、18.5未満は「低体重」に分類されます。

モデル体重が求められるのは?

もしもモデルのようなボディを自分のものにしたいと思うなら、モデルがいつも何をしているかを知ることです。

モデルのようなスリムなプロポーションになることを目指してダイエットをする人はたくさんいます。

多くの人が、女性らしい体の丸みと、引き締まった下半身やお腹まわりを自分のものにして、自身を美しくしたいと思って います。

ダイエットに取り組む人にとって、憧れの 体型を自分のものにしているモデルは、 目指すべき到達点といえます。

モデルにとって体型を維持し、きれいでいることは仕事を続けるための必須のことです。

モデルが愛用しているというダイエットグッズや、モデルが実践しているダイエット 方法は常に注目の的です。

モデル体型に憧れるなら、モデルがしている ダイエット方法を単に模倣するのではなく、 きちんとやり遂げる気構えを持たなければ なりません。

積極的に身体を動かすことや、活動量の多い生活を心がけること、食事の内容を考えることが、ダイエットの前にすること でしょう。

食事の量を改善したり、生活リズムを整えたり、運動不足を解消したけれども体重の減りが鈍化しているという時にダイエットグッズの出番です。

成功しているモデルは、ボディバランスや整った顔だちによって高い評判を得ていますが、

そこまで自身を高めることができた道のりを参考にすることが、結果的にはプラスになります。

目標にしたいモデルがいる人は、その人が 普段どんな心がけをしているのかや、

その人にアドバイスをしているトレーナー のサイトなどをチェックしてみるといい てじょう。

モデル体重になるための6つの習慣は?

【習慣‐1】:日常的運動

代謝を高める運動習慣を日常に取り入れることで、健康的。に無理なく減量することができます 朝に運動をすると代謝が高まりやすいので、

少し早起きしてラジオ体操をするのも オススメです。

【習慣‐2】:早寝早起きをする。

美容のゴールデンタイムと言われる夜10時〜2時までの間には必ず 就寝するようにしましょう。

理想の睡眠時間は7時間と言われていますから、できれば夜11時には寝て朝6時に起きるというのがオススメです。

【習慣‐3】:食事のバランスは  朝・昼・夜=3:5:2を 心がける。

朝はまだ内臓が目覚めていない状態なので少し軽めかつエネルギー源になるように食事をとります。

昼はそのあとの活動のエネルギーを補給するため、しっかりと食べてOKです。夜はあとは眠るだけなのでエネルギー補給の必要がないので少なめにします。

基本的に食事を抜くのはやめましょう。

【習慣‐4】:夕食は炭水化物を減らす。

自分が夕飯をいつもがっつり食べている場合、ご飯をやめておかずだけにすることで減量の効果がかなり期待できます。

【習慣‐5】:湯船に必ず浸かる。

夜の入浴をシャワーで済ませている方は湯船にかならず浸かるようにしましょう。

夜に湯船に浸かると、代謝を上げてリラックスをさせる効果があるので減量 には非常に効果的です。

湯船に5分浸かる→髪を洗う→湯船に 5分浸かる→トリートメント→湯船に 5分浸かる→体を洗う→湯船に5分浸かる

のように湯船に浸かるのと外に出るのを繰り返すと代謝が上がりやすくなります。

まとめ

いかがでしたか?

モデルは、職業として「モデル体重」を 維持し、運動も欠かすことはありません。

皆さんも少しでも近づけるように頑張って ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク