Pocket

アトピーの症状というのは、人それぞれ

違っています。

症状は年齢とともに変わっていきますし、

同じ年齢の人でも原因が違えば、アトピーの

症状の出方も違ってくるので注意が必要です。

ここでは、「アトピーの種類は?」

「アトピーのかゆみの症状は?」

「アトピー症状で出血した場合は」

に迫ってみました。

アトピーの種類は?

アトピーは種類が三段階に分かれていて、

年齢に応じて、

🔸乳幼児型のアトピー性皮膚炎と、

🔸小児型アトピー性皮膚炎、

🔸成人型のアトピー性皮膚炎

というように分けられています。

それぞれ共通した症状としては、強いかゆみを

伴うことや、湿しんとなっています。

また“掻きむしる”ことで起こったアトピー性

皮膚炎の皮疹には次の種類があります。

🔸掻かなくても出来る皮疹粟粒ほどの 点状紅斑・

 芥子粒ほどの小丘疹や 小水泡・紅斑紅疹

🔸掻きむしることでできる皮疹 潮紅・糜爛・血痂

🔸掻くことを繰り返していると 結節・苔癬・痒疹

🔸掻きむしりに感染要素が加わって 浮腫・毛嚢炎

アトピーのかゆみの症状は?

アトピー性皮膚炎の原因には、アトピー素因や

バリア機能が低下している皮膚状態などの

「体質的な要因」と、アレルギー症状を起こす

物質(アレルゲン)や皮膚への外部刺激など

「環境的な要因」があります。

体質的な要因と環境的な要因が重なったときに、

皮膚炎の症状があらわれると考えられます。

アトピーのかゆみの症状というのは、

🔸肥満細胞のヒスタミンが分泌して起こって

 いるものと炎症に反応して、サイトカインが

 分泌することで起きるもの、

🔸炎症反応が知覚神経に影響して起こるもの

 に症状によって分けることができます。

🔸そしてアトピーの湿疹の症状の場合には、

 患者の免疫状態に左右されやすくて、

 異常なリンパ球やマクロファージといった

 ものによって作られていると言われています。

アトピー症状で出血した場合は?

アトピー性皮膚炎の症状としては、 目に

見えてかゆみを伴い、かきむしることで、

より症状が悪化してしまって。

そのことが原因で傷になり、出血するという

ようなこともあります。

出血をしたところから、さらにかゆみを伴って、

薬を塗ってもなかなかかゆみが治まらないほどの、

アトピーの症状を伴う人は、少し重度のアトピー

といってもいいと思いますので、適切な治療を

受けた方が、早く改善につながりますし、

症状の緩和にもつながります。

アトピーの症状はかゆみや湿疹が主な症状です。

まとめ

いかがでしたか?

アトピー皮膚炎の“かゆみの症状”

「肥満細胞のヒスタミンが分泌」

「炎症反応が知覚神経に影響して起こる」

との解説は、少々難しく感じますが、

難しく考えないでスルーし、

別サイトで 解説している対応に重点を

置いてください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク