Pocket

コロナ禍で引っ張りだこ、感染症や 公衆衛生学の専門家、白鴎大教育学部の岡田晴恵教授が、今月、芸能事務所入りしたことが話題になった。

業界最大手「ワタナベエンターテインメント」 なだけに、“タレント化”していく可能性も囁かれている。

ここでは、「岡田晴恵教授の選択は?」「岡田晴恵教授の選択は」「岡田晴恵の解説やファッションは?」に迫ってみました。

岡田晴恵教授のWiki経歴については、以下のサイトを参考にしてください。

岡田晴恵教授のWiki経歴と解説が評判の訳は?学歴・著書がスゴイ!

 

岡田晴恵教授の選択は?

「岡田氏は7月1日付でワタナベに所属。

中山秀征やネプチューンら多くのタレントを抱える有力事務所です。

コロナ拡大とともにTBS系『Nスタ』、テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』などで連日専門家として解説し、 3月だけで約150本もの番組に出演。

一部で“コロナの女王”などと揶揄気味に報じられたほどです」岡田氏は共立薬科大大学院修士課程を修了し、順天堂大大学院医学研究科博士課程を中退。

国立感染症研究所研究員などを経て現職に。感染症関連の著書が多くある。

1月下旬ごろからテレビ露出が増え始めたが、巻き髪になるなど“おしゃれ美熟女化”も話題になった。

4月にはデヴィ夫人がブログで岡田氏の容姿を 「キャバクラ嬢のようなヘアスタイル」などと批判したほど、注目の存在だ。

「ワタナベは文化人枠にも力を入れており、林修の他に棋士の加藤一二三らも所属。

いずれもタレントとしても成功しています。テレビ出演が好きそうな岡田氏も今後、コロナ禍が続く限り、ハイペースで各番組に登場を続け、

収束後はタレント文化人にシフトチェンジしていく可能性が高いとみています」

本人曰く、

「私、今、週6で収録があって、毎日朝の4時半にモーニングコールが来るんです。

そこから収録と打ち合わせをして、帰ってくるのは深夜の1時頃。

平均3時間睡眠です。 おかげで10キロ痩せましたよ。

だから見てくれも多少、良くなったんじゃ ないですか……」

岡田晴恵教授に「データ不正」疑惑は?

岡田氏をめぐっては「週刊文春」で、国立感染症研究所時代のスキャンダルや論文をめぐる疑惑が報じられたことも。

テレビでの発言がネットで叩かれることも多い。岡田教授のスキャンダルは?

🔸「岡田さんの『麻疹の細胞性免疫』に関する 論文について、実験データの取り扱いが不適切 だと問題になった。

実験データから導き出せない結論や、不都合な 実験結果を除去してグラフを作ったのでは ないかと。

当時の所長が部員から聞き取りをした後、『生データを出しなさい』と要請したが、岡田さんは完全無視。

それで所長は、(岡田氏の上司の)部長宛てに『論文を取り消すべきではないか』との文書を 出しています。  

結局、論文問題はうやむやとなり、2009年に 岡田氏は感染研を退職した。

岡田晴恵教授の解説が評判?“あか抜けた理由”は?

コロナ騒動で名を揚げた人といえば、やはり 筆頭は岡田晴恵教授です。

最近では「あか抜けた」なんて声も上がっている・・・

🔸「見る度に髪型もメイクもお綺麗になっていますね」「今は髪を縦巻きにしてチョコンとまとめ、

顔の輪郭がはっきり出るので、首がスラッと見えるようになっています。

前髪を上げてオデコを出すようにしたのも大正解。

理知的で、堂々として見えますよね」と語るのは、ヘアメイクアップアーティストの小椋ケンイチ氏である。

🔸番組ごとにファッションもチェンジ。最近では眼鏡を外して雰囲気を変えるなど、視聴者を飽きさせない工夫も。メイクが派手になってきたとの指摘もあるが ・・

🔸メイクだって、私、メイク室でずっと寝落ち していますから。

その間、メイクさんが目の下のくまを直したり、明るいファンデーションを塗ったりと、いろいろ工夫してくださっている。

終わったらゆすって起こしてくれるんです。つけまつげもわざわざ買ってきてくださっ たんですよ。

コンタクトにした? あぁ、あれは裸眼です。

最近はストレスで、人の顔をはっきり見られなくなってしまった。

だから視力0・1のぼやけた視界のまま過ごすようにしているんです。

番組のボードも見えないので、手元に拡大コピーをしたものを置いてもらっているくらい……」

岡田晴恵教授の解説・評判は?

岡田教授は、ぽっちゃりしていてお母さんみたいで癒やされる、と茶の間ではなかなか好評のようだ。

解説の中身も、“分かりやすい”と評判なのです。

🔸感染免疫学の専門家で、新型コロナ対策をわかりやすく解説し、テレビに引っ張りだこ!

🔸「芸能人みたいに高級ブランドを身につけているわけではなく、フェリシモのワンピースは7000円ほど。 庶民的で好感が持てます」

🔸あるバラエティー番組で 「きれいになりましたね」と突っ込まれると、 岡田さんが「メイクさんが頑張ってくださっています」

とはにかむシーンも・・

まとめ

いかがでしたか?

新型コロナ用語集に加えるべきか迷ったのですが、「コロナ女王」は、新語の登録されるかもしれないので、ここに収録しました。

ワタナベ所属とタレント性に富んでいることもあります。

今後どのように変わっていくかが注目です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク