Pocket

「DHA(ドコサヘキサエン酸)」や 「EPA(エイコサペンタエン酸)」の摂取不足が指摘されています。

DHAやEPAは、体内で合成できず、食物から摂取する必要がある必須脂肪酸のひとつです。

ここでは、「DHAとは?」 「DHAは、頭脳を作り、視力向上させ、アトピー改善 に効果ある?」

に迫ってみました。

「DHA」とは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)」は、人間の脳や 目の網膜の脂質成分で、脳に直接入って栄養素 として機能できる数少ない物質です。

体内で合成できず、 食物から摂取する必要がある必須脂肪酸の ひとつです。

DHA(ドコサヘキサエン酸)と、EPA(エイコサペンタエン酸)の違い

脳への働きはDHAが、血小板凝集効果はEPAがそれぞれ得意としています。

EPAは、脳血液関門といわれる、脳への入り口を 通り抜ける事ができません。

しかしDHAにはそれが可能で、脳神経を活性化し、記憶力の向上などの効果があります。

EPAは、血小板凝集抑制効果が非常に高く、心筋梗塞や、虚血性心疾患の予防効果が非常に高いといえます。

DHAも効果は持っていますが、 EPAほど高くはありません。

DHAは、頭脳を作り、視力向上させ、アトピー改善 に効果ある?

🔸サプリメント等でDHAを成長期の子どもが摂取することは、脳の発育を促進する効果があります。

DHAは、脳の伝達組織である神経細胞を作る上で重要な成分でもあります。

思考と情報を素早く結びつけていち早く結論を導き出せるという人は、神経細胞の情報伝達システムが優れています。

DHAをサプリメントで摂取することにより、シナプスを活性化させることはできます。

判断力や集中力を高め、認知症の予防や改善にも役立つのです。

DHAサプリメントにはまだメリットがあります。

🔸視力の向上にも DHAが役立ちます。

視神経や網膜にもDHAは多く存在して いますので、DHAサプリメントを使うことで 目の調子を改善させ目から見た物の分析も 容易になります。

🔸DHAはアトピー性皮膚炎の改善にも効果があります。

DHAをサプリメントなどで毎日摂取する ことにより、健康的な生活をすることができます。

日本食より洋食の頻度が増えたことから、食卓に魚が上がる回数が極端に減りました。

🔸DHAを約100mg 摂取できる食材は、 アジ、イワシ、サバ、マグロなどですが 毎日食べることはできません。

人体ではDHAを作ることはできないので、確実に摂取できる手段を講じる必要があります。

確実に取り入れるには、サプリメントが適しています。

食事メニューや食習慣は家々で違うものでしょうが、健康や脳の発達のためDHAサプリメントで500mgを取り入れたいものです。

アトピー性皮膚炎や認知症の改善の目的がある場合には、DHAサプリメント1500mg を目安に摂取することをお勧めします。

こんな方は、DHA,EPAを積極的に摂りましょう

🔸高血圧の方、

🔸中性脂肪、コレステロールが気になる方、

🔸ビジネス、受験勉強で集中力を維持したい方、

🔸物忘れなど記憶力の低下を防ぎたい方、

🔸血液サラサラにしたい方、

🔸アレルギー、アトピーが気になる方、

まとめ

いかがでしたか?

何度か耳にしたことがある方が、多いのでは ないでしょうか?

いま一度確認し、自分に役立ててくダサイ。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク