Pocket

アトピー性皮膚炎の治療は場合によっては

五年、 十年といった長期間にわたる場合もあります。

遠くの病院より近くの皮膚科ですが、

アトピーの病院は全国に数は少ないですが、

専門の病院があるようなので、

ここでは、「アトピーは皮膚科か?」

「アトピーの治療方法は?」

「専門病院とアレルギー検査は?

に迫ってみました。

アトピーと病院は皮膚科か?

かゆみや発疹など自覚できる症状が出たら、

できるだけ早く皮膚科にかかることですね

アトピーの人は早めに病院などの医療機関へ

行くことをお勧めします。

アトピーの人の治療をするための機関としては、

病院の中でも皮膚科がいいでしょう。

アトピーは皮膚の疾患ですから、皮膚科で見て

もらいましょう。

恥ずかしがって皮膚科を受診せずに、 市販薬で

治そうとされる傾向にあります。

それで完治すればいいのですが、もし悪化 して

受診された際には、検査で偽陰性と 出るなど、

正しい診断が下せないことも あります。

アトピー専門の外来を設けているような病院も

今は増えていますから、もしも近くに、

アトピー外来などがあるという場合には、

そちらへ行くといいでしょう。

アトピーの治療方法は?

アトピーの治療を行う病院では、治療方法は

それぞれ人によって違っています。

人の症状によって違っているのですが、

例えば、 軽度の人の場合には、栄養指導や、

飲み薬などで 終了するという場合もありますが、

重度の アトピーの人の場合には、

ステロイド剤などが 処方されたりします。

特にアトピー性皮膚炎では、患部の神経が

過敏となり、ひっかき行動をしてしまう

お子さんも多くいます。

炎症・ひっかき行動を抑える薬として、

現在のところステロイドにかなう薬はない

と考えています。

もちろんずっと塗り続けると赤ら顔になる、

皮膚が薄くなるなどの副作用もありますが、

まずはステロイドを処方し、様子を見て

毎日塗っていたものを週1~2回に減らす。

同時に免疫抑制剤の軟膏や保湿剤を併用する

というのが当院の治療法です。

薬物療法を病院では実施していることの方が、

多いですから、医師の指示のもとで、

薬物治療を続けていきましょう。

アトピー専門病院とアレルギー調査は?

アトピー性皮膚炎の治療は場合によっては

五年、 十年といった長期間にわたる場合も

あります。

遠くの病院より近くの皮膚科ですが、

アトピーの病院は全国に数は少ないですが、

専門の病院がありますから、病院をまずは

調べてみるといいでしょう。

アトピー専門の病院に行った方が、普通の

皮膚科へ行くよりも、専門的な治療などが

受けられますから、スムーズに治療が進み、

アトピーの完治も早いのではないでしょうか。

アトピーの病院へ行く際に、一緒にアレルギー

についても調べてもらうと、アトピーの治療に

役立つこともありますから、アトピーでまだ

自分が何のアレルギーになっているのか分から

ないという人の場合には、一度調べてもらって

おくと、予防にもつながります。

まとめ

いかがでしたか?

病院の選び方や、アレルギー検査は、

初歩的条件ですね!

アトピー性皮膚炎の治療は場合によっては

五年、 十年といった長期間にわたる場合も

あります。

遠くの病院より近くの皮膚科ですが、

医師との お付き合い方も課題なのです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク