Pocket

新型コロナウイルスによって重症化するか

どうかを尿の検査で予測できる可能性がある

という研究成果を国立国際医療研究センターの

グループが発表しました。

尿に含まれる特定のたんぱく質を調べるもので、

今後、患者数を増やして実用化に向けた

研究を進めるということです。

ここでは、「L-FABPとは?」

「検査方法と検査キッドは?」

「新型コロナ重症化検出の効果は?」

に迫ってみました。

L-FABPとは?

L-FABP(エル・ファブ)とは腎臓の

近位尿細管に存在する 脂肪酸結合蛋白で、

腎障害が進行する前の 尿細管周囲の血流

不全による酸化ストレスに よって尿中に

排出されます。

尿中のL-FABPの値が高くなることで

腎障害 進行・悪化を早期に評価できる

尿検査です。

検査結果で腎機能のリスクがあれば

予防対策をとって、早い段階からリスクを

回避して頂けます。

L-FABPの検査方と検査キッドは?

測定内容は「尿中のL型脂肪酸結合蛋白

(L-FABP)の測定」 糖尿病や腎障害の

検査で通常使用されている。

体内の酸素が少なくなると尿に多く出る。

標準L-FABPまたは尿検体を前処理液で

処理後、反応緩衝液を分注した 抗

L-FABP抗体固相化プレートに添加します。

プレートを洗浄し、二次抗体として

酵素標識抗体を添加します。

反応後洗浄し、基質溶液を加えて酵素反応を

行い、吸光度を測定します。

L-FABPの新型コロナ重症化検出の効果は?

研究を行ったのは国立国際医療研究センターの

グループです。

グループでは新型コロナウイルスに感染し、

当初、軽症だった41人について、体内の

酸素が少なくなると尿に多く出てくる

「LーFABP」というたんぱく質の量と

症状の変化の関係を調べました。

その結果、尿検査でこのたんぱく質の量が

正常よりも多かった13人のうち、 8人で

1週間後に症状の悪化がみられ、 このうち

2人が人工呼吸器が必要なほど 重症化しました

一方、たんぱく質の量が正常だった28人は

1人は症状が悪化しましたが、重症化した

人は いませんでした。

L-FABP量が多かった人は悪化リスク約17倍

高いことが判明。

グループによりますと、このたんぱく質は

既存の検査キットで検出できるということで、

尿検査で重症化を予測できる可能性がある

として、今後、さらに人数を増やして研究を

進めることにしています。

新型コロナで体内の酸素が少なくなる理由は?

【可能性‐1】肺炎  

 肺の機能が下がり酸素を十分に体内に運べなくなる。

【可能性‐2】血栓症  

 臓器へ必要な血液が流入せず、酸素がいきわたらない。

野入英世博士のプロフは?

🔸名前:野入英世(のいりえいせい)

🔸生年月日:1964年?月?日(56歳)

🔸学歴:医科大学医学部医学科卒業     

    ニューヨーク州立大学Stony Brook校

    (Prof. M.S. Goligorsky)

    米国ブルックヘブン国立研究所(bnl)

🔸職業:: 東京大学医学部 附属病院血液浄化

     療法部 准教授,

     副部長 国立国際医療研究センター、

     浜松 腎臓内科専門医、

     同研究センター中央バイオバンク事務局長。

     「尿による新型コロナ重症化予測」      

     研究グループ責任者。

まとめ

いかがでしたか?

「感染者が重症化するかどうかが尿検査で予測」

できる可能性があるとすれば、大きな発見です。

実用化の最大メリットは?

① 軽症でもコロナの影響で体内の酸素が

 少なくなっている可能性がある。

② 今後は、軽症者、無症状者全員に尿検査を

 行い、重症化の恐れがある人は、医療機関に

 優先的に紹介できるようにしたい。

 

今後の研究に期待しましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク