Pocket

新型コロナウイルスを特定して攻撃する 「モノクローナル抗体」の開発は有力科学者らから お墨付きを得ており、

米国立アレルギー感染症研究所の ファウチ所長も、新型コロナに対する 「確実性がかなり高い手法」と評価している。

新型コロナの特効薬になるのでしょうか?

ここでは、「モノクローナル抗体とは?」 「新型コロナ感染症の特効薬になるか?」「副作用と課題は?」

に迫ってみました。

モノクローナル抗体とは?

「抗体」とは、私たちの身体の中に入ってきた病原体や花粉などの「抗原」に結合能をもつ可溶性のタンパク質のことで、

B細胞の最終分化形態である「形質細胞」により産生されます。

それぞれの形質細胞から産生される抗体は単一の 抗原を認識する性質をもつため、

この性質を 利用して人工的に作製された抗体を 「モノクローナル抗体」と呼びます。

一般的にモノクローナル抗体は、形質細胞と骨髄腫細胞を試験管の中で細胞融合することによって樹立される「ハイブリドーマ細胞株」より産生されます。

ハイブリドーマ細胞株は無限増殖能をもつため、一度樹立されればモノクローナル抗体を安定的に得ることができます。

モノクローナル抗体は生物が有する未知のタンパク質などの同定に貢献してきただけでなく、

近年では癌や関節リウマチなどの様々な疾患の治療のための生物薬剤として用いられています。

モノクローナル抗体の特徴は、特定の抗原物質と しか反応しない、すなわち反応特異性の高さにある。

この性質を利用し、モノクローナル抗体は疾病の断薬や治療薬へと応用されている。

また、特異性の高い診断薬や治療薬、さらに土壌分析などの環境分析に応用することが可能になった。

さらに、ガンの治療薬もできる可能性もある。

今後も生命科学の研究分野や臨床現場などで幅広い応用が期待されています。

モノは「単一」、クローナルは「混じりっけのない集合」 を意味します。

(註:ハイブリドーマ: 抗体を作り出すB細胞と、 無限に 増え続ける能力を持ったミエローマ 細胞を融合した細胞。

この細胞は増殖しながら 抗体を多く 産生するので、モノクローナル抗体を多量に得ることができる。)

新型コロナ感染症の“特効薬”になるか?

横浜市立大学大学院医学研究科の 梁明秀教授を中心とした共同研究グループは、

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原を 特異的に検出できるモノクローナル抗体の 開発に成功しました。

今回、作製した抗体は、近縁のSARSコロナウイルスや風邪の原因となるヒトコロナウイルスとは交差反応を示さず、

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)だけに 反応します。

今後、本抗体を用いることで、簡便かつ短時間に新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) だけを正しく検出できるイムノクロマトキットの開発を目指します。

新型コロナウイルスであることを迅速に特定して即時対応ができるようになれば、適切な医療や感染の拡大阻止につながります。

「人工の抗体は、既存の抗体の薬に比べて、有効性は、 高井と評価されております。

人の体にある物を元にして作られたようになるので、ピンポイントで狙った抗体であると、非常に有効になると思います。」(浦野教授)

「軽症、重症でも使えるのです。今までの薬は、基本的にウイルスの数が少ない場合に“ウイルスを増やさないように”という感じで薬を使っていた。

ウイルスが多い状態では、クスリが効かなかった。

モノクロ―ナル抗体の場合は、ウイルスを排除することが出来るのです。」(浦野教授)

特効薬になる可能性は十分にある。」(浦野教授)

(浦野 健 教授:島根大学・医学部)

モノクローナルの副作用と課題は?

🔸副作用:もともと体の中で作られているものを ベースにして作っているので、非常に低い。 (浦野教授)  製薬会社は、抗体薬に本当のシフトしている。

既に、リウマチ、潰瘍性大腸炎には薬として処方されている。

🔸高価格:モノクローナル抗体の安全性リスクは低いと 考えられているが、費用は高額になる可能性がある。

がんのモノクローナル抗体の場合は年間10万ドル 以上かかる可能性がある。

新型コロナでは15万円/回・・保険では賄いきれない。

大腸菌で作れば、コストは1/10以下になる。

 

まとめ

いかがでしたか?

実用化については、すでに複数の製薬会社が臨床試験に入っているので、

(例・USA・イーライリリー8月初旬、後期段階の

 治験開始、年末までに10万回超の投与分の生産を計画。)

年内に効果は分かるのです。

年初からは使えそうなのです。

🔸臨床試験:19件、

🔸第Ⅲ相試験:5件

と、かなり進んでおり、“決定打”になります。

(註:第Ⅲ相試験・最後に、多数の患者さんについて、第Ⅱ相試験の結果から得られた「くすりの候補」 の 有効性、安全性、使い方を最終的に確認します。)

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク