Pocket

台風10号が「非常に強い」勢力になりました。

今後さらに発達して「猛烈な」台風となり、6日(日)から7日(月)にかけて奄美地方や九州に接近または上陸するおそれがあります。

ここでは、「猛烈な台風とは?」 「猛烈な台風の過去の例と被害予想は?」

に迫ってみました。

猛烈な風とは?

猛烈な風とは、風速がおよそ30m/s以上、または最大瞬間風速が50m/s以上の風

天気概況や情報には風速を明示して用いる。風速が30m/s以下でも、防災上の見地から最大瞬間風速が50m/s以上の風に対して用いてもよい。

「風の強さと吹き方」(気象庁)は以下のようです。

 

風速25m/秒以上で、トラックが横転し、人は屋外での行動が困難になります。

風速30m/秒以上で、多くの樹木が・電柱が倒れます。

猛烈な台風、過去の例は?

10号台風は、接近時の勢力は過去最強クラスで、特別警報の発表基準に達するほどです。

これだけの勢力で近づけば上陸しなくても、甚大な被害につながる危険性があります。

最悪のケースを想定して極力早めに台風への備えを行うようにしてください。

代表的な2つの「猛烈な台風」は以下です。

1959年の「伊勢湾台風」  

 

🔸最低気圧:895hpa

🔸最大風速:75m/s

🔸死傷者数:4,697名 ,行方不明:401名、

1961年「第二室戸台風」

 

🔸最低気圧:890hpa

🔸最大風速:75m/s(最大瞬間風速:84,5 m/s以上)

🔸死傷者数:194名 ,行方不明:6名、  

🔸家屋の倒壊等の被害が特に大きかった。

台風10号の被害予想は?

(▲ 伊勢湾台風)

(▲ 室戸台風)

電柱、樹木、自動車なども被害にあうでしょうか?

人的被害は、最小限にするよう警戒を呼び掛けております。

ベランダ:家の中にいても、ベランダに置いてあるものが 身に危険を及ぼす可                       能性があるんです。

植木鉢:植木鉢は割れた破片などが舞ったり、風が強いと 植木鉢ごと飛んでし                  まったりします。

               物干し竿も、棒が抜けて飛んでいくこともあります。

雨戸:しっかり固定するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

地球温暖化の影響で、台風も大型化しております。

過去の例を上回ることが、容易に想像されます。

早め早めの対策をしてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。


スポンサーリンク